GIOSが来た!

大河ドラマのタイトルのようであるが、麒麟は「来た」ではなくて「くる」だ。「来た」のはダーウィンである・・・この件は以前に何かで聞いたことがある。いつか使ってやろうとコピペってたが、今回初披露! 因みに「なんのこと??」という方は、日曜日のゴールデンタイムにNHKを見て頂ければわかると思う。

IMG_6779

IMG_6780
↑で、お題目にあるGIOSがあたしンちにやって来た。GIOSというと鮮やかなGIOS BLUEが象徴的だか、あたしンちに来たのは色白の娘である。言うなれば、らしくないGIOS! 例えるなら、ちぇれすてぢゃないBianchi あおいろぢゃないスバルWRXといったところか?ロードではない、20インチの小径車である。

あまり詳しくなかったので、GIOSをググッてみた。昔はGIOS Torino なんて言ってたかな?なんて記憶していたが、どうやら現状のGIOSとGIOS Torinoは別モノらしい。細かいコトは割愛するが、あたしンちにきたのは、Torinoではない方の庶民的なGIOSだ。Antico(アンティーコ)というモデルらしい。仏訳するとAntique(アンティーク) なんとまぁステキな命名だこと。愛情を込めてきょうから「ぢおすあんちこ」と呼ぶことにする。

IMG_6781
↑510ミリのクロモリフレーム 長ぁ〜いヘッドチューブにヘッドバッチとWレバーが付く。シートチューブとダウンチューブの胴抜きに懐かしさを感じる。

IMG_6782
↑後ろから見るとちょろっと華奢な感じ!ホイールサイズは451 パナソニック レ・マイヨと足元は共用できそうだ。フレームは所謂ホリゾンタルAnticoの所以か。子どもなら三角乗りが出来るかも。

IMG_6783
↑駆動部はこんな感じ! 2×8の16段変速だ。シマノ製のディレイラーがバシッと決まる。フロントアウターは52T  なかなか戦闘的であるしデザインもわるくない。ちっこいロードレーサーのようないで立ちだが目方は10.72㌔ 重いのか軽いのか? 

IMG_6784
↑ブレーキはいま風の、アウター内蔵型! 一見ワイヤーを張ってないようにも見えるが・・・

IMG_6785
↑あれれ

IMG_6786
↑実は本当に張ってない(^^) 埼玉の蓮田まで輪行で引き取りに行ったぢおすあんちこ!ロードのように三枚おろしにして袋詰めしたが、これがまた案外と小さくまとまらない。ロード用の輪行袋持って行ってよかった。それにホイールがちっこい分バランスが悪く、上手に縛らないと自立しない。Dahonの輪行袋で入るかな?なんて一瞬血迷ったが、とんでもない錯覚。それこそ御法度のはみ出し輪行になるところであった。幸いにして帰りの宇都宮線、京急線はベストポジに袋を置けて座って帰還。金沢八景駅で組み立てて押しで帰ってきた。現地でちょろっと試乗してみたが、硬めでクイックな乗り心地。目線から低い位置にある1/8タイヤが妙に細く感じる。この状態での乗車は、ノーブレーキピストよりたちが悪い。

IMG_6788
↑消えかかっているがトップチューブにはAnticoの文字が入る。さてこのあんちこ、オーバーホールして暫く遊んだ後は職場に持ち込む予定。ちょっと前からそんな目論見があり、手ごろなブツを探していたらこれに当たった。もうちょっとコンフォート系を狙っていたが、あたし的には掘り出し物だ。



アベノマスク届きました。

今日アベノマスクが届きました。

IMG_20200529_171357

IMG_20200529_171430
テレビとかでは見たことありましたが、実際に手にとるとかなかな感動?であります。噂どおり、ちょろっと小さいかなぁ〜 あたしは顔がデカいからはみ出すかもしれませんね(^^) ありがとうございました。


ミキストって男女共用!というコトだったんだ。知らんかった。

去年の2月に放置ぢ転車の事をレポートした。
http://mutuurakko1173.livedoor.blog/archives/245220.html
IMG_4394
↑その時対象となった放置ぢ転車がEA-Lことユーラシアレディーである。6本バックのミキストフレームだ。キャッチフレーズは🎵気になるアイツとペアでサイクル🎵なんともこっ恥ずかしいフレーズだが、明らかに女を意識している。

FBB576BA-D43A-45FF-BBC0-ABF0E53C4375
↑更にコチラはユーラシアの前身SSQ-10Lスーパスピード輪行のミキストバージョンだ。

E962319D-57ED-49B5-A2EC-850AC5308BEA
↑同時期のSSシリーズにはダイヤモンドフレームのSSQ-10があり、前述のミキストバージョンのSSQ-10Lと明らかに区別してある。Lの文字はレディーの頭文字であり?やっぱし女を意識している。あたしもそのつもりだった。

ところがどっこい、ぎっちょんちょん!

IMG_6742
↑土曜日はあじこぼ隊長の新生Nortonミキストのシェイクダウンに同行。併せてQさんもプジョーミキストで駆け付けてくださり、あたしもスタッガードフレームのS2 700Cプロムナードで混ぜてもらった。その際に知った衝撃の事実とは、ミキストは男女共用にしたもの!というコトであった。ずーっと女性用だというにんしきだった。試しに辞書引いてみたら・・・

ミキスト
-mixte-とは、もともと男性向けであった自転車を男女共用のものとして女性でも跨ぎやすいようにハンドル部からサドル下までつながるトップチューブを細い二本のチューブにし、ハンドルから後輪まで一直線につないだフレームのものを指します。”Mixte”はフランス語で、英語の “mix” や “unisex” と同義。

とある。

なにを今更!とおっしゃる諸先輩方もたくさんおられると思うが、知らなかったことは事実!認識を改めたいと思う。

あじこぼ隊長のRoyal Nortonは650Bホイールでいい感じにまとまっている。街乗りからある程度の遠乗りまでこなせる名馬である。以前の青色も良かったが、この燈色のセンスもGoodだ。

IMG_6743
↑Qさんのプジョーミキスト 78年型仏製 前三角(3本?)レイノルズ531 プジョー名の入ったサンプレ変速機が付く。後輪ダイナモからヘッド&テールを繋ぐ配線は全内蔵、右側通行からか照明は左側に装備。

IMG_6749
↑あたしのS2 700Cプロムナード スタッガードフレーム 88年頃のモデル

IMG_6740
↑お散歩車3台揃い済みである。後ろから

IMG_6741
↑前から、どうぞ!!

IMG_6738
↑あじこぼ隊長の先導で来た神社

IMG_6736
↑お堂の脇には巨木が茂る! 

IMG_6737
↑趣のある石段

IMG_6739
↑ワイヤー錠が開かない!と焦るQさん。悪戦苦闘の末、プライヤーでこじ開けた。

IMG_6744
↑Qさんと解散した後、田浦の遊郭跡を散策。隊長について行くと、新しい発見がある。その後Qさんから無事に辻堂の自宅到着の報あり。

IMG_6750
↑実はQさんのプジョー! 前タイヤが危なかった。それでも騙し騙しで自走で帰宅。バーストしなくてよかったです。楽しい時間をありがとうございました。


ギャラリー
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • ライブドアブログ