新:快速特急2019

2013年12月

イメージ 1

本日30日は仕事納めでした。と言っても、残務処理だけですのでスーツではなく私服で…しかも明るいうちに帰ります。今年も残すことあと30時間ちょっとで終わりです。

イメージ 2

第一京浜の歩道橋にかかる垂れ幕! これも毎年の風景ですね。

イメージ 1

宇都宮の自転車友達、よっちゃんから嬉しい贈り物がありました。よっちゃん自ら育てた新米です。昨年に続き二回目の
おすそ分けですね。

イメージ 2

包みを開けてみると、ツヤツヤとした美味しそうなお米が顔を出しました。

イメージ 3

早速炊いてみました。新米だから水は少なめかな(^^) うーんお米が立ってますね。美しいです。

イメージ 4

卵かけご飯で頂いてみましょう。最強の組み合わせです。超うまそうだ。

イメージ 5

少しづつ卵をご飯に絡めて、醤油をかけて、一気に掻き込みます。はふはふ(^^)

イメージ 6

一気に平らげました。ご馳走様でした。美味しかったです。ありがとう(^O^)/ございます。

お返しに、横濱銘菓を発送しました。お口に合うかわかりませんが、お召し上がりくださいm(_ _)m

イメージ 1

道は砂利の浮いた舗装路になりました。玄倉川から上がってきた砂利でしょうか? 轍の部分のみアスファルトが露出している状態で、非常に怖いです。

イメージ 2

そして最後のゲートも無事にクリア! 途端に対向車が二台ありました。基本的にゲート内は許可車のみ通行可能ですから、先ほどのO君のパンク修理も路肩てなく、ど真ん中です。

イメージ 3

丹沢湖を反時計回りに半周して、更に下ります。湖畔の紅葉が見頃です。ただ、それにしても腹が減ったσ(^_^;) 時計は既に2時を回っています。

イメージ 4

そうなんです。確かに紅葉は綺麗ですが、とにかく腹が減りました。山の中では行動食として 羊羹 サラミ ビスケット…と摂ってはいましたが米が食いたいです。当初は山北でお昼を予定してましたが、頑張って大井町(^^) 前回と同じ かつ屋 に緊急ピットインです。あたしとO君の勤務先は品川区大井町ですが、ここは南足柄郡大井町! 話しの流れ上は全く関係ありませんσ(^_^;)
ロースカツ定食豚汁大盛り ご飯も大盛り×3個 を急ぎ発注! 更に暖かいお茶も頼んだんですがぬるいのが出てきました。お酒はぬる目の燗でも良いですが、ぬる目のお茶はうれしくないですね。Q先輩なんか豚汁一気飲みです。
やっと一心地がつきました。ここで話し合いの結果、帰りは輪行することに決定しました。
普段は輪行袋なんか持ってこないあたしですが、今回は持ってきて正解です。ボトルゲージ一個潰して良かった良かった
安心は水には変えられませんからね?
「何処から輪行する」の話し合いの結果、明るいうちに電車に乗るということで一番近い国府津駅にします。

イメージ 5

自走で辻堂まで帰るQ先輩と国府津駅前で別れて、O君とあたしは輪行開始(^^) ここでプチトラブルが発生です。何とペダルレンチを忘れてしまいました。いまのペダルと違って、トウクリッフ&ストラップの付いたクイルペダルはデカイんです。30年踏み続けたあたしの極東プロエースロードブラックは6ミリアーレンキーで取り外しが可能ですが、CBAのペダルレンチでガッチリのトルクには携帯用折り畳み工具なんか歯が立たない。止む無くペダル付いたままで袋に詰めこみましたが、チャック壊れるかと思ったσ(^_^;)

イメージ 6

何とかつめこんで帰り支度は完了です。電車空いてると良いね。なんて願いを込めているO君です。

イメージ 7

ご覧の通り、特等席に陣取れました。O君は東海道線でそのまま新橋まで、あたしは大船で横須賀線に乗り換えて逗子から自走。いやはや今回は完敗でしたね。輪行袋様様の山登りでした。でも悲しい性かな、また走りたい今日この頃です。

イメージ 1

今回のルートを走るのは2回目になります。この辺りの地名は 三廽部 とか 寄 とかいう地名ですが、かなり広範囲にわたってこの地名が続きます。この橋の辺りで標高400メートルくらいかな! 既に一山越えて、下ってきたところです。

イメージ 2

このゲートを越えて次は 秦野峠 に向かいます。二つ目のピークです。前回来た時は台風明けだったので、あちこちでがけ崩れやら倒木やらで大変でしたが、今回は走りやすいですね。ただ、今日のあたしは何故か不調です。脚が回りませんσ(^_^;) 完全に二人に置いて行かれました。

イメージ 3

それでもなんとか 秦野峠 に到着です。ここで 熊よけの鈴 を鳴らしながら現れたハイカーさんと暫しお話をして、写真を撮って下ります。

イメージ 4

で、もってその写真がコレです。お二人の足を引っ張っておきながらふざけまくりの輩がこいつ! 六浦っ子です(^^)

イメージ 5

秦野峠を後にして山路を下ります。下りとはいえ岩がゴロゴロしており、路面もかなり荒れていて、凍結してるところもしばしばあります。お天気は良いのですが、やっぱり下りは寒いです。

イメージ 6

そして3つ目のピークがここです。眼下には丹沢湖が、背景は富士山です。今朝七里ヶ浜から見た富士山よりはだいぶ近くですね。ここからは玄倉川沿いに一気に丹沢湖まで下ります。寒いのなんのってありゃしません。ブレーキ握る手が凍えます。この下りでO君が岩を引っ掛けて後輪パンク! それでも午後2時には丹沢湖まで下り切りました。

盛り上がってきましたが以下続きます。

イメージ 1

11月最後の土曜日に丹沢の林道をやっつけてきました。いや実際にはやっつけられた と言った方が正しいかもしれませんが…
今回は大学サイクリング同好会のQ先輩と会社の後輩O君との3人で走ることにします。Q先輩は辻堂から、O君は都内月島から、あたしは金沢八景からのスタートですので、平塚駅9時集合になりました。
集合場所の平塚駅までは由比ヶ浜から134号を選びます。

イメージ 2

腰越までは片側一車線の為、まだ7時半だというのにかなりの渋滞です。でもそんな中でも綺麗な景色を見れました。富士山と江ノ島のコラボ^_^ 最高に気持ち良かったですね。

イメージ 3

さて、無事に平塚駅9時スタートした我々一行は金目川沿いの県道を秦野に向けて走ります。途中Q先輩の発案で地道に寄り道! MTBだと面白そうなコースをちょっとだけ走り、コンビニで食料調達です。
さて今回もQ先輩がどんなチャリで来るのかを楽しみにしていましたが、期待に応えてくれました。流石です。詳しくは改めてレポートしますが……
さて、我々はドンドンと山深くペダルを進めて参ります。以下続きます。

このページのトップヘ