新:快速特急2019

2014年07月

イメージ 1

三連休の最終日はO君と東扇島へ行ってきました。自転車で東扇島へ入る方法は一つ、川崎港海底トンネル(歩道)です。

イメージ 2

O君とは12時に八丁畷駅で待ち合わせなんで、集合前に以前から気になっていたJR鶴見線の国道駅をやっつける事にします。

イメージ 3

鶴見駅を出た鶴見線は大きく左にカーブを描き、第一京浜こと国道15号を越えたところに国道駅はあります。

イメージ 4

ご覧の通り不思議な駅です。

イメージ 5

国道駅を出た鶴見線は鶴見川を渡り、ディープな工場地帯へと踏み込んで行くわけですね。

イメージ 6

八丁畷駅で集合したあたしたちは?野家でお腹を満たして、国道132号を南下します。トンネルに入る前に対岸の東扇島を臨みます。この海の下をトンネルが通ってるわけですね。

イメージ 7

いつも元気なO君です。

イメージ 8

ここが川崎港海底トンネル(歩道)の入口ですが、なんかとっても寂れてます。

イメージ 9

こんな階段を降りて…

イメージ 10

こんな感じです。

イメージ 11

この扉の向こうは車道となってます。歩道の両側に同じ扉があります。つまり、車道の上り線と下り線の間にこの歩道が通じてるわけですね。因みに自転車は乗車禁止です。

イメージ 12

こんな感じでもうすぐ出口!

イメージ 13

東扇島側も寂れてますd(^_^o)

イメージ 14

あっちから渡ってきたんですね。

イメージ 15

対岸から見えた船が確かにありますね。

イメージ 16

何故かヘリポート…

イメージ 17

キリンがこんなところにもいました。

イメージ 18

近くまで寄ってみましたが、逃げる気配はありませんね。

イメージ 19

足元までやってきました。全く人間を恐れる気配なしです。それにしてもでかい

イメージ 20

倉庫街の壁にはこんな可愛いイラストがあったりして、癒やされます。

イメージ 21

東扇島を満喫したあたしたちは川崎で解散! 途中でカレーパン休憩をとって!

因みに東扇島の横に扇島がありますが、こちらは一般人立入禁止(>_<)
行ってみたいですねd(^_^o)

イメージ 22

そして無事に帰り着きました。アトムのハブを肴にして黒ビールは最高d(^_^o)

イメージ 1

あじこぼ隊長んちに最近嫁いできたケルビムです。

イメージ 2

「試乗会やるべ」ということで無理やり誘い出してしまいました。

「降りそうだから、地元ポタにしよう」と言うあじこぼ隊長に対して
「大丈夫、あたしは晴れ男! それにケルビムはシクロクロス車、雨はお手の物でしょ」と無理矢理観音崎まで誘い出したのはあたしです。

イメージ 3

そうしたら見事に雨d(^_^o)

イメージ 4

誰が晴れ男だって?

イメージ 5

馬堀海岸の喫茶店! おやぢクリームソーダの雨宿り。

イメージ 6

帰宅したら夏祭りでした。降ったのは観音崎方面だけでしたね。

追伸: あじこぼ隊長曰く、ケルビムの前オーナーは雨の日に乗らなかったそうです。うーむ軟弱なシクロクロスだ。
ところが、あじこぼオーナーに変わってからは既に2回目の雨(>_<) 一気に本領発揮! 硬派に生まれ変わりましたね。

イメージ 1

あじこぼ隊長にLINEを入れたら快く同行して頂けました。

イメージ 2

「和賀江島」です。鎌倉時代の船着場跡ですね。サマーベット持ち込んで昼寝がしたい気分です。

イメージ 3

子安の里 まりん でティータイム!

イメージ 4

アイスコーヒーだけで1時間くらいねばってしまいました。三浦は山と海が隣り合わせです。ちょっち欲張り!

イメージ 5

お約束の給水塔 ベイスターズ嬢は少々ご機嫌斜めd(^_^o) サイクロンの前機が駄々をこねてます

イメージ 6

帰宅して、ビール片手に不真面目なメンテをしましたが、果たして治ったかどうだか?

イメージ 7

来週は真面目にメンテしますm(_ _)m

イメージ 1

雨が止んだんで太いタイヤで出掛けました。ノーヘルの地元散歩です。

イメージ 2

お天気が悪いせいか人出もまばらですね

イメージ 3

釣りラーもいません。普段は近づけない岸壁にも簡単に近づけます。

イメージ 4

にゃー

イメージ 5

この後、逃げられちゃいました(>_<)

イメージ 6

面白いアングルでの野島

イメージ 7

また降りそうなんで帰ります。

このページのトップヘ