新:快速特急2019

2015年06月

イメージ 1


紫陽花を見る為、ランドナーをひっぱり出しました。梅雨空の下ではありますが紫陽花は元気です。

イメージ 2


普段着なんで地元でお茶を濁します。

イメージ 3


ソービッツのテールに萌えσ(^_^;)

イメージ 4


ちょろっと引いて!

イメージ 5


やっぱ 紫陽花綺麗だす。

イメージ 6


金曜日に行った居酒屋さん。

イメージ 7


なんと、土俵がありました。




イメージ 1


クランクは44Tのシングル 170ミリ
フィッキングボルトの青色が萌え萌え
BBは古典的なカップ&コーンではなく、メンテナンスフリーのカセットタイプにしました。ペダルはプロムナードからレンタル中です。

イメージ 2


コックピットはこんな感じ! この後、小型LEDとベル iPhone用のホルダーを装着予定です。

イメージ 3


R機は当初サンツアーVxを付けましたが、同V Luxeに変更しました。アウターワイヤーはマイブームのピンクです。

イメージ 4


キャリアはMTB用の頑丈なヤツ! ガードは700Cの クリアランスのデカさはパスハンちっくσ(^_^;)

イメージ 5


カメラを引いて全体像です。

イメージ 6


チューブラーバッグを外して、でっかい後カゴを装着します。横カゴも思案中

イメージ 7


センス悪くないんでないかいσ(^_^;)
ハブダイナモ装備して、後はダブルレッグのセンタースタンドです。

イメージ 8


おっと! 実はナンチャッテアヘッドのシムが無くて、タイヤチューブを二重に噛ませておりました。2 30分のテストランで見事に緩みましたね。早速シムを手配せねばなりませんなσ(^_^;)

イメージ 9


まあ、こんな感じでほぼ完成しました。と、ここでまた問題が発生です。ハンガー下がりの関係で、クランク先端と地面の間隔が僅か65ミリしかありません。本来700cを履くところ、650heを履いてるんですから… そりゃあそうでしょう!
コーナーで気を付けないとペダルが路面をヒットします。で、クランクを165ミリのモノに交換予定です。僅か5ミリですが、功を奏す事を祈りますm(_ _)m

今回は地味~なレポートですm(_ _)m
おもしろくない方は飛ばして下さいませσ(^_^;)

イメージ 1


先延ばしにしていたブレーキにやっと決着がつきました。 ヤフオクでシマノターニーのセンタープルブレーキを発見!見事落札です。ワイマン750ヴァンカー
999やダイアコンペの750よりアーチが長いという触れ込みです。一気に問題解決!と舞い上がったのもつかの間! 残念ながら届きませんでした(>_<) また余計な部品が増えた瞬間です。

イメージ 2


問題は先延ばしに! を合言葉にしていましたが、先日同僚に言われた言葉が脳裏をよぎりました。明日やろうは馬鹿やろう です。今までのあたしとは違います。奮起したあたし再度手持ちのパーツをチェックです。で、基本的にはワイマン750ヴァンカー999をなんとかしたい。マファックレーサーと比較していると…むむむむ~ひらめきました。表から見てるとわかりにくいですが、

イメージ 3


背後から見ると、なんかいけそう!
そうステイラップ、通称かんざしです。センタープル台座のないフレームにセンタープルブレーキを取り付ける際に使う、要は後付けのセンタープル台座です。

イメージ 4


明らかにレーサーのステイラップの方が長い! 深いです。後で調べたら、マファックレーサーには4種類のステイラップがあり、この#1451ステイラップは一番深いタイプだそうです。同コンペティションだと70ミリまで対応との事なんで、レーサーだと75ミリくらいまでは大丈夫かな? そうすると、ノーマルで75ミリ対応のワイマン750ヴァンカー999に#1451ステイラップを使えば、80ミリオーバー対応可…夢は膨らみます。

イメージ 5


てな訳で、 試しに入れ替えてみたところ、難なくσ(^_^;)…メーカー保証は無いでしょうね。自己責任です。ていうか、メーカーそのものが無いか?


日曜日です。但し午前中は仕事(>_<) お昼過ぎに帰ってきて、夕方からは町内会の集まりです。

イメージ 1


その合間をぬって、ちょろっと街ポタに出掛けました。

イメージ 2


使用機材は茄子紺パナです。タイヤ履き替えたり、泥除けを再度装着したり、フリーの歯数を変更したり…その調整も兼ねてです。僅か一時間でしたが、それなりに楽しかったー

イメージ 3


因みにこの場所、港のヨーコではありませんが、横浜横須賀の市境です。車の通り抜けが出来ないように、コンクリートで階段状の突堤が築かれてます。横須賀市湘南鷹取六丁目から横浜市金沢区六浦南三丁目を眺める図ですね。

イメージ 4


そして、ここからがお題目の仕事用機材についてのレポートです。 町内会の幹事会から帰ってきて、リアホイールを組み直しました。

イメージ 5


はい、スズエのハブがホイールに化けた瞬間です。

イメージ 6


多少の振れには目をつぶって、見た目綺麗に出来たんで良しとしましょう。

イメージ 7


そんでもって、組み立ててみました。なかなかバランス良いじゃん! 普段乗りに欲しいくらいです。R機はサンツアーVX フリーも同パーフェクト5速 15×17×20×24×28で組んでみました。フロントダブルかシングルかは思案中。

イメージ 8


相変わらずブレーキの手配ができません。先送りした課題が各界に波紋を及ぼしてますねσ(^_^;)

イメージ 9


残るは泥除けです。完成が楽しみダァ~

そんなわけで、新たなる仕事用機材を探していたのですが、なかなか良いものにヒットしません。プジョーやラーレー辺りの欧州ブランドの26インチが希望であります。軟派路線真っしぐらσ(^_^;) 趣味も兼ねて、レストアベースを探しておりますが、出来ればシートの固着してないヤツσ(^_^;) ヤフオクで幾つか入札しましたが、希望額では落札出来ずです。

イメージ 1


そんな折にこいつの存在に気がつきました。ベイスターズブルー嬢です。希望の欧州ブランドラーレーです。←うそです
ただし27インチなんですね。しかもロードフレームなんで、太麺タイヤを履くとガードが付きません。

イメージ 2


そしたら、ベランダにこんなんがありました。26インチのホイール! ハブダイナモ付きです。タイヤも1.4の7分山が付いてますね。但し後輪がパンクしてて、確かバルブ付近に穴が開いてたような記憶があります。

イメージ 3


チューブチューブと押入れをゴソゴソやってたらこんなんが出てきましたσ(^_^;) おー! 新品のチューブ!26×1.5のアメリカンバルブぢゃん!


ひとつ問題解決か? と鼻息荒くしてたら新たなる問題が発生です。オーバーロックナット寸法が、フレームで120ミリ ホイールが135ミリと、15ミリも違うんです。1.5センチですねー 試しに、エイャ!とやってみましたが、ちょっち無理そうσ(^_^;) ハブの中身を120ミリ用に取っ替えれば問題ないのですが…


イメージ 5


また押入れをゴソゴソやってたら、こんなんが出てきました。120ミリ36穴のスズエのハブ新品未使用保管キズありです。ハブ径はほぼ同じ、スポークも使用できそうです。後輪は組み直しですね。

因みにフリー何とかなりそうです。

イメージ 4




イメージ 6


オーバーロックナットの問題はあっさりと解決しました。試しにRoyal Nortonランドナーの650Aをぶち込んでみましたが、違和感を感じません!

イメージ 7


ブレーキはワイマン750ヴァンカー999が余裕で届きます。キミに決めた!
しかし、そう甘くはありませんでした。

イメージ 8


650Aだとこんな感じですが!

イメージ 9


26HEだとふた回りくらい小さい感じですね。ヴァンカー999だと後輪が届きません(>_<)

イメージ 10


同じ26インチでも、全くの規格違いですね。Royal Nortonランドナーの650Aをレンタル出来れば最善なんですが…オーバーロックナットも120ミリだし、一瞬だけ考えちゃいましたσ(^_^;)

イメージ 11


(ーー;)……前言撤回です。

となると、ワイマン750ヴァンカー999よりリーチの長いブレーキを探すしかないですね。だいたいからして、ロードフレームにMTBのホイールを入れる目論見そのものに無理があります。障害は覚悟の上です。こんな事で挫けてはいけません。

気をとり直して、押入れをゴソゴソやると、出てきたのは……

イメージ 12


残念ながら、使えそうにないです。この問題は先送りにしましょうσ(^_^;) この辺りは弱っちいあたしです。

イメージ 13


気をとり直して、コックピットはこんなんで如何でしょうかね? ハンドルバーの色が良いでしょ!




このページのトップヘ