新:快速特急2019

2015年10月


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

この間、都内 目黒区東が丘の女性のお客さん家に伺ったら、ご主人が最近自転車に目覚めたとの事で話しが盛り上がりました。
退職したら日本一周するそうですよー
ご主人! なんと65歳です。
奥様から「輪行」なんて言葉が出て来て、びっくりポンや?   

ちなみに、ご主人の愛車は新谷のスワロー ツーリングです。26HEのホイールにダイアコンペ 日東 シマノのパーツを上品に使い、Wレバー仕様 サドルはブルックスB17スタンダードでした。ドロップハンドルは末広がりのランドナーバーです。

追伸:奥様62歳
大型免許を持ってるそうな





自転車を愉しむ際、荷物は身に付けず、ちゃりに取付けるのがあたしのポリシーである。
                            が
ウェストバック ポシェット サコッシュ はたまたジャージのバックポケットに荷物を忍ばせる事もしばしばσ(^_^;)
何がポリシーかと聞いて呆れるところもあるが、これも経験から来たものであり、マイブーム程度のものと言い換えてご理解頂けると幸いである。

その経験というのはかれこれ何十年も前、ツーデイパックを背負って夏の北海道を走った際の、文字通り痛い思い出、要は肩?け、背中剥けである。
荷を身に付けないという事は、それなりの装置が必要なわけであり、あたしは昔からフロントバックとサドルバッグを愛用している。4サイドに憧れた若き日もあったが、サイドバックやパニアバックの使用経験はない。ひと月単位のロングランでもフロント&サドルバッグで充分であった。

前置きが長くなったが、今回は最も愛用している、サドルバッグについてモノ申しあげたい。

イメージ 1


イメージ 2

最近よく見かけるタイプがこれ!
サドルのレールとシートピラーで固定するアレである。あたしも写真のブツ含めて都合5つ所有しているが、ツールとワイヤー錠くらいなら問題なく収納でき手頃な価格と相まって利用している方も多いのではないだろうか?

サドルレールへの固定は.▲織奪船瓮鵐鳩 ▲譟璽襪縫哀ッと挟み込むタイプ ベルクロ留めとあるが! Giantの.▲織奪船瓮鵐鳩燭鬟澄璽箸農泙辰燭海箸ある。見るからに弱そうなアタッチメントだったが見た目通り軟弱だったようだ。また、このアタッチメント型も▲譟璽襪縫哀ッと挟み込むタイプも生意気にもレール幅を選ぶようで、少なくともブルックスのサドルには取付け不可(ーー;) 

結局のところベルクロ留めが一番使い勝手が良いという結論に達した。但しベルクロ留めは廉価版が多いようだね(^.^) シンプル構造のベルクロ留めが軽量だし、破損も少なそうに思えるのだか…

イメージ 3

最近のお気に入りはこれ、リクセンカウルのコントアとかいうモデル。
何種類かのサイズがあったが、この大きさがベストのチョイスだったと思う。テールランプが付けられるようにプチ加工して愛用中。

700Cツーリングにはもちろんだが

イメージ 6

ロードに付けても違和感なし!

イメージ 7

     ↑懐かしいベイスターズブルー嬢↑

このリクセンカウルは現状最多出場を更新中!アタッチメントを追加購入したのでNortonロードと茄子紺ツーリングには3秒で取付け可だ。

イメージ 4


そして650Aツーリングには30年もののオーストリッチ小判バックが似合う。 これだけ大きいとバックサポーターが必要だ

イメージ 9


大枚5800円払って日東NR-20を購入したが、どうもしっくり来ない(ーー;) 
想定はしていたが、サポーターとバッグの間に隙間が出来てしまい、サポートしてくれない。使い物にならん(ーー;) 

結局取付けただけで自転車部屋にほっぽり出された状態。

イメージ 8

で、結局のところvivaのこのタイプで落ち着いた。これだとサドルバッグの尻の高さに合わす事が出来るので、使い勝手はマルである。このviva君は大昔からあるタイプて、今のモデルは三代目だとか。

先のオーストリッチ小判バックと初代のモデルを同時に購入した記憶があるが、定かではない。痴呆ではない、念の為

           ↑去年まで使ってたやつ ↑

虫沢林道で折っちゃったんだよね(ーー;) 強度的には改善の余地あり! でもNR-20の半値だし、折れたらまた買えば良いという事でσ(^_^;)

イメージ 5

最後になるが、ロードレーサーにチューブラーバック!絵になるね。
でも、チューブラーバックに入るのはタイヤ1本 リムセメント ツールくらいだし、このスタイルを追求するなら、荷物は身につけなきゃ駄目かなσ(^_^;)


イメージ 1

断崖沿いの旧道を更に南下して行きます。こんなところから落ちたらさぞ痛いでしょうね。気を付けて走らねば。


イメージ 6

茅ヶ崎の烏帽子岩、横須賀の立石に似た感じの岩を発見しました。

イメージ 2

峠のトンネルを越えると

イメージ 3

誕生寺というお寺に到着。日蓮の生誕地に建てられたお寺だそうな。

イメージ 4

そして、鯛の浦 

イメージ 5

遊歩道を走って先端まで行きます。水がとってもきれいです。行きつけの真名瀬 芝崎の一通の感じによく似てました。

イメージ 7

沖合の小島に赤い鳥居があったので

イメージ 13

安全祈願をしてきました。


イメージ 8

出会い橋と言うんだそうです。

イメージ 12

鴨川のサーフスポット! 場所柄か、1173のナンバー付けた車を何台が見つけました。そう言えば昔乗ってた初代レガシィも1173だったかな(^^) 懐かしいです。

イメージ 9


イメージ 10

そして、鴨川シーワールド!
写真だけ撮りました。

イメージ 11

お昼はメンチカツ定食! 鴨川で海の幸を堪能の予定でしたが、手頃なお店を発見出来ないまま山路に突入

イメージ 15

舫(もやい) という店名につられて入りましたが、残念ながら海の幸は無し(>_<) でも山の中で海の幸もなんだかね。メンチカツ定食850円大変美味しゅうございました。アイスコーヒーも頂きました。

イメージ 14

横根峠を越えると豪快なダウンヒル
長狭街道こと県道34号は鴨川→保田ルートの方が楽しめますね。

イメージ 16

そして金谷港到着 ちゃりだーもたくさんいました。乗船時に係りの方が「曲がったハンドルの方先に乗って下さい」
曲がったハンドル?  ドロップハンドルの事ねσ(^_^;) 船体への固定の都合上、フラットバーよりドロップバーのちゃりが先に乗船なんだそうです。

イメージ 17

金谷港に入港してきました。あの船に乗って帰ります。いやぁ!思い切り房総を満喫しました。

イメージ 18

金谷港が遠ざかります。航海中に降り出した雨!久里浜港上陸の際は止んでましたが、自宅まで雨と追いかけっこ(^^)
結果、思い切り追いつかれました。
お終いm(_ _)m


イメージ 1

てな訳で土曜日の早朝、あたしは輪行袋を抱えて夜もまだ明けきらないJR逗子駅にいます。ここから3時間の電車旅です。

イメージ 5


5時11分発 横須賀線成田空港行きの運転席後部に相棒を固定。定位置ですね。

イメージ 2

3時間後、輪行袋を解いたのは外房線三門駅だす。今日はここからスタートです。
使用機材は700Cツーリング 茄子紺パナ
チェーンを新品に換えてきました。

イメージ 3

まずは外房線に沿って海沿いを南下します。基本は国道128号ですが、旧道や海沿いの道は気分次第で乗っかるつもり。

イメージ 4

大原駅でいすみ鉄道の車両をバックに
今日は地図を忘れましたσ(^_^;) iPhoneで要所要所を確認しながらとなりますが、写真を撮るのもiPhoneだし、さて充電は保つのでしょうか? 

イメージ 7

今日初めての海! 岩和田海岸です。白い砂浜が続きます。遠くには御宿ビーチが

イメージ 6

気持ち良いシーサイドの道が続きます。若干向かい風ですが、風は心地良いです

イメージ 9

御宿ビーチ到着! 遠くに見えるのは…

イメージ 10

御宿に来たら押さえるポイントデスね

イメージ 8


「月の沙漠」の像です。

イメージ 11

おんじゅくトレイルなんてのも見つけました。サンドスキー!御宿ぽいですね。

イメージ 13

勝浦に向かう高台からの眺め

イメージ 12

サーフボード抱えた人が登ってきました。こんな階段で下まで降りて行けるようですが…

イメージ 14

自己責任という事でお願いします。

イメージ 15

国道128号は道幅も狭く、トンネルもたくさんあります。歩行者 自転車用のトンネルがあるのは嬉しいですね。

イメージ 16

国道から外れると、こんな景勝地もあります。

イメージ 17

怪しい洋館σ(^_^;)

イメージ 18

味わいのあるトンネルもそこかしこにあります。

イメージ 19

そして、名所おせんころがし 超断崖絶壁です。今日遠くから見るだけにします。

イメージ 20

おせんころがしを後にして、断崖沿いの旧道を進みます。ここも風光明媚! 
若干の向かい風も心地良く、茄子紺パナも快調で、順調に飛ばします。
後編に続く


イメージ 1

すっかり秋の装いになって来ちゃいました。今日はなんだか太麺タイヤに乗りたくて、迷いもせずにNortonランドナーの出撃となりました。

イメージ 10

山下公園は家族連れやカップルで賑わってますね。ちゃりの人もたくさんいます

イメージ 2

四半期に一度くらいの割に、ここで写真撮ってます。氷川丸のお尻はいつ見てもセクシーですねσ(^_^;)

イメージ 3

カモメ君たちもお行儀よく並んでます。ベンチでストレッチしていたおぢさんローディーと暫し歓談! どうやらご近所さんのようで、どっかですれ違ってるかもしれませんね~ なんて?

イメージ 4

因みにこの直線はちゃり乗車禁止です。   Nortonを押してたら、初老のガードマンの方に大きな声で「ありがとうございます」なんて言われました。「何がですか?」と聞いたら、押し歩きしてくれて「ありがとうございます」との事でした。 感じの良いおぢさんで、ここでも暫し歓談! 出会いの多い日です(^^)

イメージ 5

象の鼻パーク。赤れんが倉庫ねあたりから、楽しそうな音楽が流れてますね。

イメージ 6

大桟橋が遠くに見えます。

イメージ 11

因みに、象の鼻パークもちゃり乗車禁止

イメージ 7

楽し気な音楽の正体はこれでした。

イメージ 8

横浜オクトーバーフェスト 
 okt-fest.jp

イメージ 12

年に一度のビールの祭典です。すごい賑わいですね~ みんな楽しそうです。


イメージ 9

残念ながら、あたしはらちゃりなんで飲めません(>_<) 18日までやってます。

イメージ 13

帰りに地元でお買い物。ちゃりはガードレールにくくりつけて、暫しお留守番よろしくねσ(^_^;)

イメージ 14

買い物して、遅いお昼を食べて、コンビニでビール買って、自宅まであと3分ていうところであじこぼ隊長とお会いしました。これからお出掛けだそうです。てな訳でまたまた暫し歓談 今日は3回目の暫し歓談ですね~ 出会いの多い日でした。

このページのトップヘ