2022年09月

ぢおす・あんち子 の変遷

先日帰還したぢおす・あんち子!20年6月にあたしンちに来jj'lてにから、早や2年と3ヶ月が過ぎた。内1年と9ヶ月は都内に出向。4ナンバーのや営業車として活躍していた。先日自宅に帰ってきたが、ベランダに放置したままである。さてさてこんご わさはどう料理していくか? 備忘録としてその変遷をちょろっと残しておくことにする。

IMG_6779
↑納車の日!

IMG_7602
↑やたらと腰高な位置にカゴを付けた。

IMG_8895
↑カゴを前に変更!街乗り風(^^) ハンドルもブルホーンに変更した。

IMG_3747
↑カゴは再び後ろへと移す。今回はかなり低い位置に取り付けた。この容姿の時期が一番長い。

IMG_3804
↑お役御免となり、キャリア、カゴ、泥除け、スタンドを外すと!なんということでしょう。めっちゃくちゃ機敏に走るようになった。

逗子フリマ!

三連休初日の土曜日? ベランダでぢ転車弄りしていたら「ぽぉーん」という音がした。taboomさんからのショートメールだ。逗子亀ヶ岡神社のフリマに遥々と来ているらしい。遠方から来ていただいているのに、地元のあたしが無視るわけにはいかない。フリマ、そう言ゃあ今日だったなぁ!すぐさま急行して合流した。やあやあやあである。

taboomさんは既に飽きるほど見て回っていたが、あたしに付き合ってもう一周だ。彼はサンツアー BLの後機4000円!を狙っていたらしいが,今回はお見送り。ほか、サドルとかを手に入れていた。あたしも買い物を済ませ、会場を後に!駅近かのラーメン屋でサンマーメン750円税込を食らう。街中をちょろっと散歩して逗子駅でtaboomさんをお見送りした。来週またお会いしましょう。お天気だといいね(^^)
IMG_3750
↑会場にあったパナソニックデモンタ?あたしのと全く同じ!だが、もの凄く年季が入っていた。

IMG_3751
↑ダルマぢ転車!横のモデルは身長180㌢
くらいかなぁ?

IMG_3752
↑渋い!

IMG_3753
↑会場の風景

IMG_3754
↑その2

IMG_3755
↑その3

IMG_3759
↑ゲットしたもの!ブレーキワイヤー束ねるヤツね。50円×3個

IMG_3758
↑テクトロR350サイドプル美品!前後セットで1000円ポッキリ!

IMG_3760
↑帰還したぢおす・あんち子のR350 細部のサビが気になっていた。コレはラッキーな出会いだった。

IMG_3761
↑三連休で交換しよう。

ぢおす・あんち子の帰還!

都内で大活躍してきた ぢおす・あんち子!2021年1月の配属なんで、1年と8ヶ月の活動期間だったが、この度お役ごめんとなった。

鳴り物入り?でのデビューだったが、やはり使い勝手が悪かったんだ。クロモリの細身フレームに、20×11/8のコレまた細いタイヤ!いわゆるロードレーサーをそのまんま小径にしたものだ。

エンドにダボがないので、アダプターを使ってキャリアを無理くりにつけた。泥除けは当然必要だが、クラウン下には泥除け通す余裕はないので、格好悪いのは承知でプラの簡易ガードでお茶を濁した。

余裕がないので、タイヤは太くできない。ホントは20×1 3/8くらいを履きたかったが・・・だからパンクも多かった。それでもこの疾走感は堪らん!ということで、お役ごめんを先延ばしにしていたのだ。

休日出勤が溜まっていたので、木曜日の午後は半休をとった。大崎の会社を漕ぎ出したのは13:45 ナビで検索すると国道1号線に乗れ!という。しかしながら高低差を考えると15号だろう。並行して走る旧東海道経由でひたすら漕ぐ。まぁ何度も漕いだ道なんで、鼻歌歌いながらテレーっと余裕である。

ただ、ぢおす・あんち子はいま爆弾を抱えている。前輪のバルブが折れているのだ。昨日空気入れてたら折ってしまった。エア漏れはないが、若干空気圧が低い。これ以上空気は入れられない。トラブルなしで帰りつければ良いが(^^)

京急神奈川駅近かの栄町交差点で15号を離脱!みなとみらい方面にブルホーンを切る。ちょろっと廻り道にはなるが、漕ぎにくい街中はパスだ。

山下公園はぢ転車乗り入れ禁止!押しで園内を散歩した。漕ぎで固まった筋肉を分散させる意味もある。氷川丸のSiriで写真撮るのはお約束。いろんなぢ転車でのツーショットがあるが、あんち子は初めてである。

本牧に向かう。このコースはほぼフラット!多少遠くとも平たい道を選んだ。県境の六郷橋がいちばんキツカったかな?その程度である。そう言えば、前任ののらくろ号を陸送した際は最短距離を選んだ。綱島街道辛かったなぁ〜 2020年12月のことだ。

なんだかやで17:15自宅に到着した。押したり、撮ったり、買い物したりしながら49㌔を3時間半かかったぞ。トラブルもなくどうにかたどり着いたが、後半はちょろっとバテ気味!何はともあれ、ぢおす・あんち子!帰還を果たした。さて、気になる後継車だが・・・

IMG_3723
↑職場の駐輪場

IMG_3724
↑品川水族館前

IMG_3725
↑京急蒲田

IMG_3727
↑六郷橋を渡ると神奈川県

IMG_3729
↑多摩川

IMG_3731
↑ゴム通り

IMG_3732
↑鶴見区総合庁舎 ちむどんどん

IMG_3734
↑神奈川公園

IMG_3735
↑みなとみらい 日本丸

IMG_3736
↑山下公園 ベイブリッジ

IMG_3737
↑氷川丸のSiri

IMG_3738
↑神奈川臨海鉄道

IMG_3739
↑横浜本牧駅

IMG_3740
↑そしてあたしの住む金沢八景

IMG_3746
↑夕照橋と野島

IMG_3747
↑自宅に到着(^^)

ぱらぼ!しぇいくだうん

久しぶりのパラボネタだ。Amazonに発注していたコルデラヴィ38Aがいつまで経っても届かない。その間パラボはずーっと放置してあったが、取り急ぎ手持ちの35Aを履かせることにした。

遊んでるタイヤがあったんだ?と思わせぶりだが、実はNorton 650Aから剥ぎ取ったんさ。Nortonには新品のコルデラヴィが来るまで我慢してもらおう。すまぬすまぬ(^^;)である。

この土日は仕事がはいり、まるっとは休めなかったが、土曜日夕刻に履き替え作業を済ませて試乗に出た。

能見台方面を軽く漕いで具合を探る。元々38A仕様のため、幅広の泥除けが付いており、35Aだと向こうが見えて、ちょろっと涼しげである。しかしながらこの安っぽさに萌える。

Norton 650Aよりも全体的に硬さを感じるのは気のせいだろうか?シマノ500後機はバラバラっと変速する感じ!バラバラって何? あくまでもイメージである。前機の同50はよっこいしょ!コレもイメージだ。それを動かすダブルレバー、通称うさぎは案外と使い勝手が良いぞ。

駆動部は栄輪業APEX-5 48×36 アウター交換はできないヤツだ。フリーはシマノ5段14-28 インナー&ロー36×28はちょろっとキツいか?

DC-960カンチブレーキは引きが重いなぁ〜と思いながらも、逆にあんまり使われてないことを実感した。当然アウターケーブルにはCRCを通し、インナーケーブルにはグリスをくれて仕込んである。昔はスプリングを力技で緩くしたもんだが、自然に屁たるのを待つ事にする。

シューはシマノBR-CT91という現行のものに換装した。Bianchi 26HEパスハンのDC-983にも使っているが、古いカンチブレーキには相性が良さそうである。それなり程度のスペックなんで、ご老体ブレーキに優しいのか? 鳴き声もたてず、思った感じにゆっくりと止まる。おススメである。ただ、舟がないため、見た目はイマイチである(^^; ダイアコンペの復刻版で、ギロチン仕様も出してくれないかなぁ〜と!懇願m(_ _)m

DC-161ブレーキレバーはパッドが無いので長く乗ると手が痛そう。栄輪業SRのバー&ステムはなかなかしっくりくる。バーテープは黒色を重ね巻きしようかなと思案中だ。

サドルは安っぽいビニール張りだが、短時間なら問題なし。換装するとすれば、有明か藤田の皮かな?気長に探そう!

ホイールはアラヤ36穴 26×1 3/8軽合金 英バルブ仕様 スポーク&ニップルはメーカー不明の鉄製、ハブはシマノの軽合金36穴ナット留である。クイック仕様ではないので当然廉価版だが、回転は悪くない。ガタもない。手前味噌だが、グリスアップ&球押し調整がうまくいった(^^)

この先はオリヂナルではないが・・・ナショナルスーパー8ダイナモは音も静か、回転も軽い、が踵に当たる事に気がついた(T-T) CIBIEの砲弾は急場凌ぎだが雰囲気はマル!スーパー8からの給電をしっかりと受けとめている。

ハブはナット留めのままでもよかったが、輪行を考慮してシマノのウイングナットを採用した。カタチはスギノ製のほうが好きだが、部品構成からしてもココはシマノだろう。

シートピンはナット留めから、KALLOYのクイックに変更した。ブレーキシューの話はさっきしたね。

あと、ペダルは以前にレポートした三ヶ島ユニークカスタムトラックに同ハーフクリップを付けた。ユニークカスタムは蹴返しの位置が良いのか、120㌫の確率でクリップが拾える。秀逸である。

それと、サビサビだったヘッドは、タンゲの輪行用に取り替えてある。コレにより、駅前で硬球をぶち撒ける心配はない。因みにベアリングとググると、硬球!いわゆる玉の状態では出てこない。いや、でてはくるのだが、かなり後である。余談ではあるが・・・

以上、ざっくりとした試乗報告だ!総合的に判断して、満足度はなかなかのモノである。そう言えばハーフクリップは泥除けに当たらない。ランドナー乗りがこの点で意見を戦わせたのは、いまはむかし!

元々はパスハンのベースとして手に入れた物件だが、なんとなくそのまんまの姿に再生してしまったパラボ君!決め手は泥除けだろうなぁ。程度の良い泥除け、それにキャリアの存在が、方向転換させてしまったみたいだ。Norton 650Aと性格は重なるが、使い分けていきたい。

IMG_3647
↑無茶苦茶昭和感ありあり

IMG_3664
↑B面

IMG_20220911_163347
↑タイヤを剥ぎ取られたNorton 650A 

IMG_3660
↑650×35A 英バルブ

IMG_3665
↑踵に当たるスーパー8 ダイナモ

IMG_3661
↑踵でライトオンが可能だが(^^;

IMG_3648
↑右後方から

IMG_3652
↑駆動部

IMG_3667
↑シマノ500 同14-28T5段

IMG_3668
↑シマノ50 SR栄輪業APEX5 48×36T

IMG_3671
↑シマノ50はアウター押しだ。

IMG_3663
↑うさぎ!

IMG_3649
↑左前方から

IMG_3657
↑DC-960カンチ シマノのシュー

IMG_3650
↑正面やや上方から

IMG_3669
↑DC-161クイック付き

IMG_3654
↑メーカー不明 ビニールサドル

IMG_3658
↑KALLOYクイックシートピン

IMG_3651
↑背後から

IMG_3653
↑ヘッド、ハンドル周り

IMG_3670
↑CIBIE砲弾

IMG_3659
↑シマノ廉価版ハブ&同ウイングナット

IMG_20220911_163156
↑奥がシマノ 手前がスギノ

IMG_3666
↑タンゲ輪行用ヘッド

IMG_3662
↑泥除けに当たらないハーフクリップ

IMG_3655
↑西日を背後にして

境川と和泉川をはしご(^^)

台風の影響で、南西諸島は荒天続きらしい。しかしながら、南関東地方は残暑の残る晴天である。

夜中のうちに何となく浮かんだ道程!Nortonチューブラーを引っ張り出して、漕ぎ出しは8時ちょい過ぎとなった。池子のトンネルを越え、JR逗子駅の裏を通り、小坪トンネル越え!いつものルートで鎌倉由比ヶ浜に出る。

往く夏を惜しむ人たちで、ハマはそこそこの賑わい。稲村ヶ崎でひと休み。江の島がでっかく見えてきた。しかしながら、その後方に鎮座しているはずのフジヤマは雲の中だ。

江の電に沿った、渋滞の道をテレコンと漕いでいたmutuurakko1173。もうまだしもまだしもmutuurakko1173もら、右前方の車の窓にあるものが映った。ぢぇぢぇぢぇ〜 あたしの後ろに連なるぢ転車の列だ!車道本線だけでなく、路肩の渋滞をあたしが招いていたのだ。一旦脇に逸れて先に行かせる。すまぬすまぬである。風光明媚な七里ヶ浜!しかしながら、のんびりと景色眺めながら漕いでいたら顰蹙(ひんしゅく)を買うのである。

片瀬東浜の交差点で海と別れて内陸に入る。学生時代、この交差点の角にスエヒロ5というレストランがあった。何回か来たことがあるか、ハンバーグとご飯で430円くらいだったかな?当時は珍しくご飯は食べ放題で、貧乏学生にはありがたかった。とは言え、そうしょっ中来れたわけではない。親からの仕送りだったり、バイト代が入ったらランドナー飛ばしてきたものである。

まぁそんなこと思い出しながら、竜口寺交差点で江の電を撮る。国道467を藤沢駅方面に暫し漕ぐと、境川橋に出た。今日のお目当てのひとつは、この境川沿いのぢ転車道だ。境川サイクリングロードは、もうちょい上流から始まっているので、この辺りは途中何箇所もぶち切れており、迂回しながらの遡上である。

藤沢市民病院の辺りからは其れらしくなってきて、サイクリスト達を見かけるようになる。ロード、MTB、ママチャリ、ミニ等に混じって泥除け付きのツーリング車もちらほらである。以前に比べるとマナーも良くなり、安心して漕げるようになったが、相変わらずのお調子者もいる。ココはレース場じゃないんですよ。こういう方は、速度を落とすのが苦手なようである。

相鉄本線のガードを抜けた辺りで境川を離脱。瀬谷本郷公園でトイレ休憩をとった。ひとつしかないチューリップ!奇しくも3人のぢ転車乗りがひと時に集まった。ダホンのAさん、ビアンキのBさん、それにあたしである。チューリップ争奪で、ひと面着あるか?と危惧されたが、ここは平和解決!じゃんけんでの順番決めである。この辺りの件、フィクションがかなり含まれております。

Bさんが用便中、Aさんと話しが盛り上がり・・・赤いダホンRoute アチコチいじっているらしい・・・話しが長くなりそうなんで、先を急ぐ。

竹藪の道を越えて、県道401瀬谷柏尾線を南下。この辺りから折り返しとなる。お昼時なんでお店に入ろう。今日は目論見のお店がある。以前にあじこぼさんとご一緒したじゃ〜じゃ〜麺のお店だ。あの時はあじさんが12㌅のワンピク!あたしはカーブSL16㌅だった。昨年の6月のことである。

さてさてお目当てのじゃ〜じゃ〜麺!よお〜くまぜまぜして美味しくいただいた。ご馳走様でありんす。店の裏から直ぐに和泉川に出ることができる。

変化に富んだ河川の道。若干荒れ気味なんで、チューブラーを労わりながら楽しむことにする。但し、あたしが履いてるのは300㌘越えなんで、下手な700C WOよりはパンクに強い。多少の砂利道程度なら平気のへっちゃらである。

途中途中で対岸に渡ったり、写真撮ったりしながらがこれまた楽しい。穏やかぁ〜な風景だが、アチコチに遊水池がある。時として暴れ川になるんだろ。

赤坂橋交差点で環状4号線と交わる。このまんま和泉川に沿って漕げは境川遊水池に出て、午前中遡上した境川サイクリングロードに交わる。道としてはそっちの方が面白いが、来た道帰るのも芸がない。試行錯誤?の末、そのまんま環状4号線に乗っかることにする。

この道に乗っかると、左ウインカー1回出せばあたしんチに到着出来る。そんな便利な道ではある。が、コレがまたクソ面白くない道なんだ。だからいつもわき道を選ぶが、本日はちょろっとおつかれ気味である。よってひたすらに真っ直ぐ漕いで、15時ちょろっと前に帰り着いた。

当然ビールを買って帰り着いた。最近思うこと。今日は70㌔くらいの行程であったが、ロードレーサーだと結構しんどいのだ。心拍はまだまだ平気だが、いかんせん脚がヤバい。

地元金沢区は天然の要塞。鎌倉と似ており、どの方向から入るにもトンネルを潜る。よって区境は全て峠である。その最後の峠がキツかった。ロードだと軽いんで、前半に頑張っちゃうみたい。だから後半足にくる(><)

あたしにはやっぱ太いタイヤが性に合うみたいだ。Nortonチューブラーも40歳になった。そう言えば最近乗らなくなったなぁ〜と思う今日この頃である。

IMG_3625
↑いきなりの黒ラベル

IMG_3584
↑往く夏を惜しむ人たち

IMG_3586
↑由比ヶ浜&Nortonチューブラー

IMG_3589
↑七里ヶ浜&江の島!富士山は見えん!

IMG_3590
↑稲村ヶ崎のレストランメイン

IMG_3592
↑稲村ヶ崎

IMG_3593
↑ギョサン

FullSizeRender
↑竜口寺の交差点

IMG_3594
↑江の電最中のお店

IMG_3598
↑境川下流

IMG_3599
↑境川遊水池

IMG_3600
↑サイクリストいっぱい

IMG_3601
↑境川サイクリングロード

IMG_3602
↑もう直ぐ稲刈り

IMG_3603
↑境川

IMG_3604
↑相鉄本線を走るJRのE233系電車

IMG_3605
↑じゃ〜じゃ〜麺 まぜまぜ後

IMG_3606
↑和泉川

IMG_3608
↑秋の気配

IMG_3609
↑沈下橋が沢山ある

IMG_3610
↑メガネ橋

IMG_3611
↑タイヤは太い方が楽しげ!

IMG_3612
↑落ち葉の下は地道だ。

IMG_3613
↑綺麗な草花

IMG_3614
↑調子に乗ってたらどん突きになった。

IMG_3615
↑サギ

IMG_3616
↑長閑やね

IMG_3618
↑相鉄いづみの線いづみ中央駅

IMG_3617
↑駅前でガリガリくん!マンゴー味

IMG_3619
↑横浜環状南線の工事

IMG_3622

↑ほんとに必要なのか?

IMG_3621
↑こぶたやまバス停

IMG_3624
↑金沢、鎌倉、原宿・・ココは何処?

IMG_3625
↑てなわけで黒ラベル!


ギャラリー
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • 休日プチポタリング 湘南鷹取、追浜!
  • ライブドアブログ