2023年02月

お手軽輪行車でMM.山下公園ポタリング

天皇誕生日である。お昼過ぎからちょろっと出かけた。使用機材はカーブSL16㌅お手軽輪行車!通勤定期券区間内、黄金町駅まで輪行して、MM(みなとみらい)、山下公園をポタリングして帰ってきた。風は強かったが、お天気はそこそこ!観光客わんさかでありました。

IMG_5269
↑赤レンガ倉庫

IMG_5270
↑象の鼻からMM地区

IMG_5271
↑コチラは山下方面

IMG_5273
↑山下公園!ホモサピエンスがうぢゃうぢゃしている。後方は氷川丸

IMG_5274
↑公園内で寛ぐひとびと

IMG_5275↑はい!氷川丸のSiri!2時間弱ぢ転車漕いで、再び黄金町駅から輪行して帰った。

川越 小径車の集い参加レポート!

土曜日は5時起き!今日は 小径車の集いat川越!ということで、遅くとも9時15分には本川越駅から漕ぎ出したい!

逆算すると金沢八景駅6:37の特急に乗れば良いのだ。使用機材はぢおす・あんち子!袋詰めを15分として、6時に家を出れば余裕である。ということは5時起きもかなりの余裕!のはずだった。

ところがどっこいギッチョンチョン!「京急が止まっちょる」てなわけで慌てて家を出た。下りは動いているが、上り方面金沢文庫⇄横浜が不通とのこと。

駅員さんに聞くと「シーサイドラインで新杉田まで行って、JR根岸線で横浜。横浜から先は京急が動いているから乗り換えてね」というアドバイスをいただいた。

で、言われた通り新杉田駅迄シーサイドライン、横浜駅で根岸線を降りて、京急のホームに立ったのだが、動いてはいるが、ダイヤ超乱れ状態の京急線!電車がなかなか来ないし、しかも各駅停車オンリーらしい。

痺れを切らし再びJRの改札を潜り、東海道線で品川駅に向かった。ココまでは振替輸送扱いなんで通勤定期が使えたが、時間かかったなぁ。品川まで振替輸送効くんなら、横浜駅で降りずに直くで品川駅まで来ればよかったよ。は,あとの祭りである。

品川駅で一旦改札を出る。振替輸送解除して山の手線で高田馬場駅、西武線急行で本川越駅。で、結局漕ぎ出しは9時30分!まぁなんとか伊佐沼公園には10時前に着けたんで結果オールライトである。いやぁ朝から疲れたよー

IMG_5181
↑9時50分伊佐沼公園到着 間に合った。

IMG_5182
↑既に皆さん集まっていた。

IMG_5183
↑新河岸川

IMG_5184
↑なんとか?というお寺!境内に神社が同居していた、所謂神仏習合か。

IMG_5185
↑たくさん銀杏が落ちていた。

IMG_5186
↑川越城本丸御殿 太田道灌が建てた!

IMG_5187
↑川越城富士見櫓跡

IMG_5188
↑喜多院

IMG_5189
↑わいわいとはなし輪がひろがる。

IMG_5190
↑バイクフライデー×2

IMG_5191
↑BSトランヂット

IMG_5192
↑マイクロハリィ

IMG_5193
↑ワンピク

IMG_5194
↑さぁ行くよ〜

IMG_5195
↑taboom さん 

IMG_5196
↑建立1000年をカウントしている神社

IMG_5197
↑川越市内

IMG_5198
↑旧山崎邸別邸

IMG_5200
↑時の鐘

IMG_5201
↑鐘つき通り

IMG_5202
↑古い街並み

IMG_5203
↑ココの団子は前回も食ったゾ

IMG_5205
↑みんなで焼き団子を買う図

IMG_5204
↑K安さん。あやしい人ではない。

IMG_5206
↑あたしは焼き団子とお稲荷さん

IMG_5207
↑道混み混み

IMG_5208
↑再びの時の鐘

IMG_5209
↑ひとヒト人だぁ

IMG_5210
↑コエドビールのお店

IMG_5211
↑スターバックス

IMG_5212
↑お散歩カレーのお店。散歩は好きだが、カレーは座って食いたい派である。

IMG_5213
↑映画館

IMG_5214
↑風情あるやな

IMG_5215
↑小畔川

IMG_5216
↑コレはrikoパパ さん

IMG_5217
↑沈下橋

IMG_5218
↑パジャマさん

IMG_5219
↑堤防路を漕ぐのんちゃんさん

IMG_5221
↑埼玉だが、何故か沼津・そうま水産

IMG_5223
↑三代目刺身番長ランチ1100円税込!

IMG_5224
↑漁師の昼飯1100円税込

FullSizeRender
↑ランチタイムは安くて大盛りだぁ

IMG_5225
↑おやぢの食卓

IMG_5226
↑ホンダエアポート

IMG_5228
↑入間川サイクリングロード

IMG_5233
↑榎本牧場

IMG_5230
↑ぢぇらーと!

IMG_5234
↑オールドダホン

IMG_5235
↑陽が傾いてきた

IMG_5236
↑にしびぃ〜

IMG_5258
↑そして伊佐沼公園到着!

IMG_5257
↑ピッカートン

IMG_5259
↑古〜いBD-1

IMG_5260
↑ひとりまたひとり去っていく図

IMG_5261
↑ダホン

IMG_5263
↑BSクエロ

IMG_5264
↑使用機材はぢおす・あんち子。みなさーん!おつかれ様でした。イチニチ遊んでくれてありがと3でした。

南三浦45㌔!河津さくら二分咲き(^^)

日曜日は好天となった。風もない。暖かいしで絶好のサイクリング日和である。

てなわけで9時30分あたしは三浦海岸駅に降り立つ。もちろん輪行袋を担いでだ。

三浦半島はぢ宅からぢ走の射程範囲圏内。電車を使うことは稀である。が、一周するとあたし的にはちょろっと辛いのだ。後半の怠さと時間に余裕の無さ!

常々こう考えていた。みち草食って、より道して気ままに漕いで、八割くらいで帰り着きたい。

てなわけで、去年の大晦日に往路だけ輪行した。寒い日でお昼ご飯も遅くなった←目論んでいたお店が悉くおやすみ!大晦日だもんなぁ しかしながら、片道輪行した分、体力的に余裕が持てた。

そんなんで今回は往復輪行と相なったわけだ。根性なしであります。

IMG_5090
↑三浦海岸駅下車

IMG_5086
↑駅前の河津さくら

IMG_5088
↑こんな低いところにも枝がある。

IMG_5089
↑二分咲きくらい

IMG_5092
↑海に出た。対岸は房総半島

IMG_5093
↑丘の上にポツんと佇むヤマザキショップ
いつもはロードバイクがわんさかいるが、今日は何故かいない。

IMG_5094
↑駐車場からはコレまた房総半島

IMG_5095
↑ヤマザキショップといえば豆大福。しろ餅とよもぎ餅をワンイーチで購入した。

IMG_5099
↑剱崎灯台!明治4年製造。単車トゥーリングのライダーが何人かいた。

IMG_5096
↑灯台からの眺め

IMG_5100
↑ココからの眺めは気持ちいい

IMG_5101
↑大島が見えん!

IMG_4595
↑去年大晦日は見えた。寒かったけど。

FullSizeRender
↑神明神社

IMG_5105
↑神明神社の石段

IMG_5106
↑三浦毘沙門ループ

IMG_5107
↑宮川漁港

IMG_5108
↑城ヶ島の遊覧船

IMG_5111
↑お昼は城ヶ島しぶき亭!いつの間にか建て直してた。びっくりポンや!

IMG_5109
↑マグロカツ定食!1000円が1300円に値上がりして。なんてこった。

IMG_5110
↑京急バスのぢ販機

IMG_5112
↑メインストリート

IMG_5114
↑城ヶ島の岩場

IMG_5119
↑城ヶ島灯台 明治3年にできたそうな。

IMG_5118
↑胴体にあるイラスト

IMG_5116
↑灯台からの眺め

IMG_5120
↑トビ

IMG_5121
↑三浦市中心部


IMG_5122
↑北原白秋の詩碑と城ヶ島大橋

IMG_5123
↑観光船

IMG_5124
↑黄色水仙

IMG_5127
↑海南神社

IMG_5126
↑境内から参道

IMG_5129
↑油壺湾 小屋が赤く塗られてた。

IMG_4608
↑同じ場所 去年大晦日

IMG_5130
↑三戸浜 上諏訪社参道

IMG_5131
↑お堂

IMG_5132
↑参道からは海が見える。

IMG_5133
↑火の見やぐら

IMG_5134
↑三戸浜ナミシズカ

IMG_5135
↑初声の畑作地帯

IMG_5136
↑大根畑!三浦ではなく、普通に青首

IMG_5138
↑しろ水仙

IMG_5139
↑南下浦の河津さくら

IMG_5146
↑京急とコラボ

IMG_5148
↑ココも二分咲きくらい

IMG_5149
↑菜の花

IMG_5151
↑小松が池

IMG_5150
↑屋台がたくさん出ていた。

IMG_5155
↑小松が池越しに2100型

IMG_5159
↑ポカポカの南三浦でありました。

IMG_5163
↑14:30三浦海岸駅に戻ってきた。漕いでる途中で、ネジを無くしたことに気がついてたんで、朝開封した辺りをなんとなく探したらあったよ(^^) 


エッ!何処のネジかって? 輪行時に前後ハブシャフトを繋ぐぢョイントの蝶ネジだす。再び袋詰めして、帰りも輪行るんるんだよー

IMG_5164
↑帰り着いてぢ宅前で!本日の使用機材はパナもん太700C輪行車でありんした。

金沢八景駅で組み立てしてたら、小径車を輪行してきた方がいた。彼はあっという間に組み立て完了!8㌅ホイールのAバイク!「段差は神経使うよー」なんて言いながら去っていった。川越の集い!誘えばよかったかなぁ(^^;

IMG_5165
↑本日はサクラビールで締め!

IMG_5162
↑今日はこんなルートで時計回りに漕いだ。走行距離45.65㌔ 海抜0の浜辺から最高地点は91㍍ であった。お終い。

狭山湖・多摩湖周回

土曜日は晴れ渡った。今日はみんなで狭山湖、多摩湖の周辺を漕ぐ企画である。

6時26分の電車に乗るので、6時前に金沢八景駅に向かい漕ぎ出す。京急線、南武線、武蔵野線と乗り継いで、9時前に新小平駅に降り立った。

待ち合わせの西武線八坂駅までは10分くらいの距離か!途中の松屋で朝定を食って悠々間に合った。今回のコースは昨年に続いて二度目!taboom さんの後ろにくっ付いて泥だらけで漕いだのは初夏の頃だ。

昨年と似たコースだが、角川ミュージアム、航空記念公園、菩提樹池、桜山展望台は端折った。でもポイントはしっかり押さえて、プランナーは流石である。

16人の大所帯で楽しいイチニチであったが、ゆる〜くレポートしていきたい。例によって、taboomさん、高知のMさん!写真お借りいたします。

IMG_4985
↑新小平駅で開封!

IMG_4986
↑八坂駅まで10分くらい。腹が減った。時間にゆとりがあったんで、朝ごはんにしよう。デニーズのモーニング!朝マック・・・迷った結果、松屋の朝定に決めた。

FullSizeRender
↑八坂駅到着。既にたくさん集まっている。写真撮ってたら、事前連絡が始まっていた。やばいやばい(^^;

FullSizeRender
↑熊野神社。久米川の富士塚

IMG_4989
↑ドレミの丘。良い眺めだ。

IMG_4991
↑荒幡富士と浅間神社

IMG_5040
↑頂上にある小さな祠

FullSizeRender
↑荒幡富士から下界を見る。

IMG_4993
↑多摩湖へ向かうアプローチ

FullSizeRender
↑激ザカのぼり

IMG_4995
↑西武園ゆうえんちの裏あたり

IMG_4996
↑多摩湖を周回するガタガタ道

IMG_4998
↑ご機嫌なガタガタ道

IMG_4999
↑比良の丘でお昼〜

IMG_5001
↑まったりできるや

IMG_5003
↑という名前だそうだ。

IMG_5004
↑この樹ね。

IMG_5005
↑引くとこんな感じ

IMG_5007
↑こんな道を漕いで、

IMG_5009
↑六道庚申塚

IMG_5008
↑そのいわれ

FullSizeRender
↑六道展望台からの眺め!トイレに急ぐ

FullSizeRender
↑真下

FullSizeRender
↑その2

IMG_5014
↑多摩湖周回道路

IMG_5015
↑快適快適!

IMG_5050
↑雰囲気のよい道

IMG_5016
↑続々と結集

IMG_5017
↑横田トンネル 1本目

IMG_5018
↑多摩湖を作る際の資材運搬用の軽便鉄道な路線跡だ。

IMG_5019
↑赤堀トンネル 2本目

IMG_5052
↑赤堀トンネルを抜けた後、振り返るとさくらの木が見える。

IMG_5020
↑御岳トンネル 3本目

IMG_5021
↑御岳トンネルを出ると、ちょろっと漕いで

IMG_5022
↑4本目が見えてきた

IMG_5024
↑赤坂トンネル

IMG_5025
↑その内部

IMG_5026
↑赤坂トンネルを抜けると

IMG_5028
↑こんな道に逸れて

IMG_5027
↑5号トンネル

IMG_5029
↑残念ながら封鎖されている。実はこの先に6号トンネルがあるらしい。

IMG_5030
↑皆さんは徒歩で到着。

IMG_5047
↑ゲキ坂登って多摩湖の縁に到着

IMG_5032
↑多摩湖!世界一美しい給水塔

IMG_5034
↑Bianchi 26HEパスハンとツーショット

IMG_5035
↑この看板好き

IMG_5036
↑立川駅で袋詰めした。

IMG_5043
↑楽しいイチニチをありがとうございました。


熊野神社、朝夷奈切通しポタと歩き!

寒いのである。いち年中でいちばん寒いこの時期!朝寝をしていたい。つとめ人のあたしは基本5時半起き!週末くらいは朝ゆっくりしたい。てなわけでゆっくりしてしまった。

ということは朝イチ輪行はできない。ココ最近はそんな日が続く。そうは言ってもお天気はイイしポタリング日和ではある。久しぶりに朝夷奈切通しに行ってみるか!そんな軽いノリでお昼過ぎに漕ぎ出した。

真っ直ぐに向かっても良かったが、ちょろっと寄り道!朝比奈の住宅地に登り、谷戸の道をどん突きまで行く。この辺りは小さな畑や、果樹園となっている。どん突きの先はやまみちが続くが、今日はここまで!

きた道を引き返し環状4号線経由で朝夷奈切通しに向かう。横横道路朝比奈インターからちょろっと六浦寄りを左折!ここまで直かに来れば、あたしンちから26HEで10分くらいだ。

残念ながらこの先ぢ転車持ち込み不可!Bianchi君を脇に駐めて散歩の達人となる。朝夷奈切通しは、鎌倉と金沢を結ぶ、いわゆる鎌倉七口のひとつだ。金沢と言っても北陸の金沢ではないぞ、念の為!

金沢側は緩やかな土の道、土嚢で補修されており比較的歩きやすい。頂上直下で切通し道を離れ熊野神社に向かう。道は細くなりぬかるんできた。

石段を登りお参り。この神社は頼朝公の時代に建立されたそうで、横浜、鎌倉エリアでは最も参詣困難な神社である。石段を登った斜面に、上下2段にお堂がある。暫く滞在して、再びぬかるみ道!切通しに向かう。

鎌倉側に降りる道は岩場の難所!湧き水が溢れている。いつ来てもこんな感じである。今はNGだが、20代の頃はこの辺りぢ転車持ち込んでいた。金沢側の道、熊野神社への道はまだしも、コチラ鎌倉側!よく持ち込んだものだ(^^) ヒーコラ状態である。

ちなみにあたしンちから鎌倉に向かうには、この朝夷奈切通し道がいちばん近い!その代わり、道路状況は最悪!鎌倉十二所まで行って引き返す。Bianchi君は変わらずそこに佇んでいた。

折角なんで常林寺に向かう。山のなかにある小さなお堂だが、荒れ果てており廃寺の趣きである。ココには馴染み?のおぢぞうさんがいて、時々会いに来る。このお顔はいつ来ても癒やされる。

さてコレでお腹いっぱいになった。ぢ宅まで僅か10分!朝寝しても十分楽しむことができた。

IMG_4824
↑朝比奈住宅地下の畑作地

IMG_4825
↑畑作地の道はココまで。

IMG_4826
↑谷戸のどん突きである。

IMG_4827
↑この先はこんな道が続く

IMG_4828
↑環状4号線を左折で朝夷奈切通しに入る。ココまで直かに来れば、あたしンちから10分くらいの距離だ。

IMG_4829
↑左折すると

IMG_4830
↑直ぐに切通し道に入る。

IMG_4833
↑切通しのことが四カ国語で書かれている

IMG_4832
↑こんなパネルが、ココと鎌倉側にある。

IMG_4831
↑Bianchi君はココでお留守だ。

IMG_4834
↑脇にはお地蔵さんたち

IMG_4835
↑横横道路の下を潜る

IMG_4836
↑土嚢を敷いた土の道が続く

IMG_4839
↑真っ直ぐ行くと切通しだが、

IMG_4841
↑手前を左にはいる。

IMG_4842
↑先ずは熊野神社にお参り

IMG_4843
↑道が細くなる

IMG_4844
↑昨日の雨のせいか

FullSizeRender
↑あしもとはべちゃべちゃ

IMG_4848
↑りすしゃん!

IMG_4849
↑熊野神社到着

IMG_4850
↑社殿や樹木、生き物に優しくしてね!てなことが書かれている。

IMG_4851
↑石段を上りかけて、ふと振り向くと

IMG_4852
↑あ、帽子落としてた(^^;

IMG_4853
↑石段登ったところのお堂

IMG_4854
↑賽銭泥棒がいるらしい。

IMG_4855
↑更に登ると奥宮か?

IMG_4856
↑奥宮から下の社殿に伸びる石段

IMG_4857
↑再び奥宮

IMG_4858
↑下の社殿脇にあったミニチュアなお宮

IMG_4859
↑再びの切通し道

IMG_4860
↑頂上付近

IMG_4861
↑岩の窪みにお地蔵さん

IMG_4862
↑いつ頃のものだろ?

IMG_4863
↑さて、鎌倉側に降りる。

IMG_4864
↑相変わらず荒れてます。

IMG_4865
↑以前は650AやらBやら持ち込んでいた。

IMG_4866
↑水豊か

IMG_4867
↑ちっこい滝があって切通し道終点

IMG_4868
↑こんな感じでぢ転車入れません。ココから引き返します。

IMG_4869
↑金沢側にもあった説明

IMG_4870
↑あんな荒れた道もアプローチはこんな感じの道から始まる。

IMG_4871
↑石垣

IMG_4872
↑登りの方が歩きやすい

IMG_4873
↑滑る〜

IMG_4874
↑階段状になっている。

IMG_4875
↑そこを水が流れる。

IMG_4876
↑お地蔵さん

IMG_4877
↑落石!

IMG_4878
↑鎌倉殿も通ったのか?

IMG_4879
↑頂上付近にはあちこちでいろんなものをお祀りしてある。

IMG_4880
↑コチラもそうた。

IMG_4881
↑鬱蒼とした切通し

IMG_4882
↑ノミで削った跡か?

IMG_4883
↑かなり深い

IMG_4884
↑見上げると空が狭い

IMG_4885
↑前後するが、熊野神社の言われ。

IMG_4886
↑金沢側は横横道路を潜ってお終い。

IMG_4887
↑常林寺に向かう。正面が石段の山(参)道だが、崩落しており登れない。右側から回り込んでお堂を目指す。Bianchi君はココでお留守番。今日はお留守番が多いなぁ〜すまぬすまぬ(^^;)

IMG_4892
↑お堂下まで来た。この先の石段は健在だが、かなりすり減っている。この場所から振り返ると!

IMG_4891
↑さっきの崩落した山道、そして置いてけぼりのBianchi君が佇んでいる。この崩落した石段脇にお目当ての

IMG_4889
↑会いたかったお地蔵さん。このお顔は癒やされる。時々無性に会いたくなる。

IMG_4890
↑石段挟んで反対側はコチラ。お顔ははっきりしないが、ちょろっとおすまし顔?

IMG_4894
↑環状4号線挟んで反対の山に、さっき行ってきた熊野神社や朝夷奈切通しがある。

IMG_4895
↑この先、朝比奈北市民の森。ちょろっと行くとあじこぼさんチの裏山に出る。

FullSizeRender
↑もぐもぐタイム(^^)

IMG_4897
↑朝比奈北市民の森をちょろっと散策

IMG_4899
↑なんか黄色いモノが!

IMG_4898
↑檸檬ぢゃん!

IMG_4900
↑本日の使用機材 Bianchi 26HEパスハン

ギャラリー
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
  • 和見峠攻略作戦
アーカイブ
  • ライブドアブログ