2024年05月

和見峠攻略作戦

511の土曜日はココからの漕ぎ出しだ。電車の混雑がいやなんで、例によって金沢文庫駅始発4時50分でやってきた。乗り換えが思いの外うまくいき、午前7時には漕ぎ出せる状態となった。
IMG_7668
↑JR相模湖駅!ココでの開封は何度目だろうか?漕ぎ出す前にはいつもこの構図で写真を撮る。

国道20号に入りコンビニでオニギリとだいふくを購入!少しだけ漕いだところで右の靴紐が駆動部に絡むのが気になり停車した。

靴紐の末端処理も終わり「さぁ行くぞー」と、前方路肩に一台のクルマが停車している。そのクルマを追い越す際に声をかけらた。「むつうらっこさ〜ん」おー!カンタローさんではないか!

IMG_7669
↑今日はMCPの定例会!上野原市役所10時集合なんで、時間にはかなりの余裕がある。あたしも早いが、カンタローさんも早い!

IMG_7670
↑JR藤野駅手前で国道とは別れやまみちに入る。沢井川沿いの道だ。和田峠を攻める時この道を使うが、佐野川駐在所を過ぎた三叉路からの左の道が以前から気になっていた。今日はその左の道を進むことにしよう。

IMG_7671
↑左手の道のピークが見えてきた。上野原市役所に早々と到着したカンタローさん。あたしを迎えに20号をぢ転車で戻って来てくれたことをあとで知る。すまぬすまぬ(^^;) 

IMG_7672
↑集合地点には2時間近く前に到着!カンタローさんのクルマはあるが、見知った顔は誰もいない。暇なんで付近をポタリングする。どうやら中央線が人身事故で止まってるらしい。仲間のメールが飛び交う。出発は11時に変更。

IMG_7673
↑こんな注意喚起もあった。

IMG_7674
↑だんだんと集まっできた。

IMG_7675
↑ぢ転車の話し、旅の話しがあちこちで盛り上がる。楽しい時間である。

IMG_7676
↑11時ちょい前にO田さんが到着して総勢10台で漕ぎ出す。本日のプランナーshiokameさんが先頭である。

IMG_7677
↑まずは旧甲州街道をすすむ。

IMG_7726
↑いきなりの道間違え!どん突きの道を10台が引き返す。

IMG_7678
↑山みちを登り切ったカンタローさん。

IMG_7679
↑こんな標識があちこちにある。むかしの旅人はここを歩いてたんだねー

IMG_7680
↑中央道脇の道をビュ〜んと!

IMG_7681
↑この後ろ姿はO田さんとTAKEさん。

IMG_7683
↑ぶらんこで遊ぶN谷さん

IMG_7684
↑大椚吾妻神社!2年前にもココは立ち寄ったなぁ。石段登って安全祈願。

IMG_7685
↑この辺りは雰囲気のいい旧宿場が点在している。

IMG_7686
↑この手の看板は萌える。

IMG_7687
↑旧甲州街道を更に進むと!

IMG_7688
↑雰囲気の良い旧宿場町

IMG_7689
↑野田尻宿だ。

IMG_7690
↑宿場を越えて更に進む。

IMG_7692
↑小高い丘に登りきった。

IMG_7693
↑こういう道を漕ぐのは好き。

IMG_7694
↑談合坂サービスエリア内の草むらでランチタイムとなる。最近のSAは一般道から入れるところが増えたねー

IMG_7695
↑さぁ〜お腹も膨らんだし、いよいよ和見峠の登りにかかるよ〜

IMG_7696
↑堪らず押すのはN谷さん

IMG_7697
↑今回の発起人shiokame さん

IMG_7698 
↑今回はカンタローさんにペースメーカーになってもらった。

IMG_7699
↑ほっと一息

IMG_7729
↑いやぁもう疲れたよー

IMG_7700
↑和見峠!どの辺りかなぁ?

IMG_7701
↑あそこだよー あのえぐれたところ。ひぇ〜まだまだぢゃん。

IMG_7702
↑と、一気に和見峠到着!

IMG_7703
↑この先 林道檜尾根線は行って来いのピストン林道!

IMG_7730
↑記念写真を撮って

IMG_7704
↑和見集落に落ちるように降っていく。

IMG_7706
↑みんな早い早い

IMG_7707
↑転けないようにねー

IMG_7708
↑誰かブレーキが鳴いてる(^^)

IMG_7709


IMG_7710

IMG_7711
↑和見集落入り口付近!標識、バス停、その他!そういえば随分前にあじこぼ隊長と墓村から和見に抜けたっけなぁ〜

IMG_7713
↑この奥が和見集落

IMG_7715
↑近くにレトロな電話ボックス

IMG_7714
↑おー!使い方が書いてある。最近のヤングは公衆電話の使い方を知らないそうな。

IMG_7716
↑鶴川を八米橋で渡る。

IMG_7717
↑蔵王山龍泉禅寺

IMG_7719
↑釣り鐘は自由に突いて構わないとのことだったので、遠慮なく突かせていただいた。なかなかの大音量に一同驚く。ごーーん!

IMG_7720
↑コチラ本堂。

IMG_7721
↑要害山!通称おっぱい山だ。このおっぱい山を見ながら今回の定例会も終盤になってきた。上野原市役所に戻り解散!輪行組はエキマエで一杯!とのお誘いもあったが、あたしは再びJR相模湖駅まで漕いで袋詰めした。

IMG_7722
↑朝と同じ場所でのイチマイ。本日は皆さんありがとうございました。taboom さん写真また使わしていただきます。

今回の使用機材はセキネのパラ坊!因みにオーダー車に対して、マスプロ車なんて言い方がある。パラ坊は後者かと思うが、マスプロを辞書で引くと、マスプロダクション!大量生産なんて言葉が出てくる。

大量生産?うーんパラボは大量に作られたんか?ユーラシアやらエンペラーならわかるが、セキネパラボ!典型的な希少車だ。マスプロ車か?そんなこと考えながら、あたしは電車のひととなった。




森高には会えなかった!けど足利から渡良瀬川巡り!古河から輪行で帰る。

今朝も長がぁ〜い輪行だ。京急金沢文庫駅4時50分の始発!まだ真っ暗!神奈川新町駅、品川駅、上野駅、久喜駅、館林駅で乗り換え7時54分東武線足利市駅に降り立った。乗車時間さんじかんよんふん!はっきり言って、Siriが痛い!
IMG_7583
↑てなわけで8時ちょい過ぎに駅前にたった!本日ご一緒予定のtaboomさんはまだ来ていない←勝った! 

FullSizeRender
↑組み立ても終わったところで漕ぎ出す。ご当地は30年ぶりくらいのあたし!対してtaboomさんは直近で数々の武勇伝を持ってるとのこと。自然とあたしはキンギョのアレ状態である。 

IMG_7586
↑最初に訪れたのは鑁阿寺(ばんなじ) 真言宗大日派の寺院!足利さん家の自宅件氏寺だそうな。

IMG_7587
↑境内に野良猫さんが多数生息!とのことであるが、一匹も見かけず!というか、今日イチニチ一匹も見かけなかった。

IMG_7588
↑大銀杏

IMG_7589
↑続いて足利学校を訪れた。

IMG_7590
↑入場料480円を支払うと、入学が許可された。

IMG_7591
↑遺蹟図書館

IMG_7592
↑方丈

IMG_7593
↑方丈から南庭園

IMG_7595
↑方丈内部。学生の講義やら学習、学校行事、接客のための座敷として使用されたそうな。

IMG_7597
↑方丈脇の庫裡(台所)向かいにある藤棚。

IMG_7598
↑再び南庭園

IMG_7599
↑手前が方丈、奥が庫裡

IMG_7600
↑続いてやってきたのが、八雲神社!
足利市内には3つの八雲神社があるそうだが、渡良瀬橋で森高が歌った八雲神社かどうかは不明

IMG_7601
↑お堂の脇に何やら

IMG_7602
↑森高はココに来たらしい。渡良瀬橋に歌われた八雲神社はココか?

IMG_7603
↑新情報!足利市内に八雲神社は8つあるそうな。いったいいくつが正解なんだ。

IMG_7605
↑二つ目の八雲神社

IMG_7606
↑床屋の角にポツンとある、公衆電話

IMG_7608
↑何やら説明書きが。なるほど!

IMG_7610
↑誰に電話すんのかな?

IMG_7611
↑三つ目の八雲神社

IMG_7613
↑そして渡良瀬橋

IMG_7614
↑いわゆるトラス橋だ。

IMG_7621
↑残念ながら車道はぢ転車で漕げない。脇の歩道を走る。

IMG_7624
↑渡良瀬橋の歌碑 奥が渡良瀬橋

IMG_7625
↑歌詞が刻んである。

IMG_7626
↑このボタンを押すと森高の歌声が流れる仕組みだ。

FullSizeRender
↑このスピーカーから歌が流れる。taboomさんと暫し森高の歌声に浸る。 

IMG_7628
↑次は名物ぱんぢゅうを買おう!とのコトになった。

IMG_7629
↑屋台の店舗

IMG_7630
↑道路挟んで反対側に店舗が

IMG_7632
↑コレがぱんぢゅうだ。1個40円!いわゆる大判焼きの小さいやつ!裏の神社で早速試食したが、なかなか美味であった。

IMG_7633
↑渡良瀬川に沿って、堤防道を快走する。若干の向かい風だが、道はフラット。

IMG_7634
↑河川敷では牧草が刈られていた。

IMG_7636
↑何気なく漕いでいたら、どうやら川の中洲に入り込んだらしくどん突きとなった。しかたないので引き返す。

IMG_7637
↑堤防道を漕ぐ

IMG_7638
↑かなり大規模な関

IMG_7639
↑グライダーの滑走路になっている。

IMG_7640
↑気持ち良さげである。

IMG_7641
↑この先越流堤(えつりゅうてい)左手が渡良瀬川。右手が渡良瀬遊水地の第一調整池だ。左手の渡良瀬川が増水したら、右手の調整池に流れ込む仕組みだ。その際に水が越えるのが、この先の越流堤である。

IMG_7642
↑越流堤の上は漕げないので、堤防下の道を選ぶ。仮に水が越流堤を越えるような水位になった場合、この場所は遥か頭の上まで濁流に飲み込まれてしまう。自然とペダリング速度も上がる。

IMG_7643
↑イノシシ出没!残念ながら?出会うことはなかった。

IMG_7644
↑再び堤防道に戻る。この辺りから渡良瀬遊水地の中心に入っていく。

IMG_7646
↑やや、カバの群れか?

IMG_7645
↑「浮き」のようであるが、カバに見えるのはあたしだけ?

IMG_7647
↑渡良瀬遊水地 谷中湖 はハート型をしてるんやねー 前来た時は意識していなかったが、映える!

IMG_7648
↑いわゆる南ブロック 遅くなったが、本日のあたしの使用機材はパナもん太700C輪行車だ。

IMG_7650
↑taboomさんはミヤタFOLIO

IMG_7651
↑谷中湖を真っ直ぐに貫く道。

IMG_7653
↑ちょろっと遅いランチは、道の駅かぞわたらせ!で食う。

FullSizeRender
↑なまず天ぷら定食950円(税込)なかなか美味かった。食後にはソフトクリーム!更に喉の渇きがたまらずカルピスソーダ500mlをぶち込んだ。

IMG_7654
↑道の駅の展望台から

IMG_7655
↑この後行く三県境が見える。

IMG_7656
↑谷中湖

IMG_7658
↑遠くに筑波山が見える。

IMG_7659
↑せして三県橋!群馬、埼玉、栃木を一気に回れるという、夢のような場所である。この後は茨城も通るし、あたしは神奈川、東京と輪行したんで、一都五県をイチニチで制覇だ。taboomさんに「千葉にも行く?」と言われたが、丁重にお断りした。
 
IMG_7661
↑三県境遠景

IMG_7662
↑この橋を渡ると茨城県

IMG_7663
↑川舟が

IMG_7664
↑JR古河駅。ここから輪行します。

IMG_7665
↑コレはtaboom さん。今日イチニチありがとうございました。

IMG_7666
↑この電車に横浜まで乗ってかえりまぁーす。


ギャラリー
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
  • 大磯から西湘地域をぐるり
アーカイブ
  • ライブドアブログ