てなわけでお題目の通り、中央線の南をまったりラン 第2回に参加させてもらった。taboom旅行社の素晴らしい計画&サポートで、トラブルもなく楽しい一日を満喫!

この辺りは何年か前、仕事で良く出没していたエリアだ。だが、しかし!電車&歩きのピンポイントでは訪れたことがあっても、広範囲を引っくるめて、しかもぢ転車で、大勢で走るのは初めてである。お馴染みのツラ、懐かしい顔、初めての御仁!総勢10名で楽しませてもらった。

参加された方々のレポートが既にアップされており、想いに浸りながら読ませていただくと、当日の景色やニオイが走馬灯のように蘇ってくる。

当日はチャリ友のあじこぼ さんにクルマでピックアップしてもらい、集合地点の武蔵野公園へ向かった。コロナ渦とはいえ、土曜日のせいか道路はスンゲェ混んでいた。沿線にはローディーの姿もわんさかだ。こんな炎天下、何がよくてぢ転車漕いでんだ! なんてこと言いながら、こちとらエアコンの効いたクルマの中で、勝手である。

集合ぢ間には余裕で間に合い、皆さまとご挨拶。今回はランドナー、700Cツーリング、プロムナード、6本バック、ミニと多彩なぢ転車が集まった。

記念撮影、ぢ前注意等のあと、taboomさんの先導であとに続く。全くもって楽しいぢ間だった。taboomさん感謝感謝!!写真何枚かお借りしますm(_ _)m

image
↑解散前の一枚 この写真好きだ

image
↑無料休憩所 おたカフェ

image
↑店内?の様子

image
↑おたカフェ脇の路

image
↑童童広場のオブヂェ

image
↑ちょろっと不気味

image
↑国分寺楼門

image
↑掩体壕 

image
↑中に入ってたのは三式戦闘機飛燕 三式ということは昭和18年配属ということか!

image
↑掩体壕、後ろから見ると飛行機のカタチに作られてたのがよくわかる。

image
↑待ちに待ったお昼ご飯 深大寺近くのお蕎麦屋さんのテラス席を陣取る 深水庵

image
↑冷やしたぬき大盛り!つべこべ言わずに美味かった。オススメだ!

image
↑深水庵全景

image
↑国立天文台正門 

image
↑国立天文台裏

image
↑国立天文台内の雑木林

image
↑あぢのもとスタヂアム前で整列!

余裕をもって15時ちょい過ぎに解散。名残りを惜しみながらも、またの再会を楽しみにして各自帰宅の途につく。8月の終盤、秋の気配もそこ彼処にあるが、殺人的な炎天下であった。水分&塩分補給は常時怠らず、各自日陰を選んで自らの身は自らが守って楽しんでいた。風の無い日であったが、たまに吹く風は、たとえ向かい風であっても心地いい(^^)

ところで、アプローチのクルマから見かけた大量のローディー達には、漕いでる最中全く出会わなかった。同じぢ転車でも棲み分けができている。以上ご報告でした。