新:快速特急2019

カテゴリ: ポタリング(街探検)

台風一過の日曜日です。幸いにしてあたしンちでは被害なかったんですが、各地では大変なコトになってるみたいですね。亡くなった方、被害に遭われた方にお悔やみとお見舞い申しあげます。

さて、19号明けの日曜日です。風が少々ありますが、気持ちよく晴れ渡りました。買い物がてら幸浦の工業団地に行ってみました。この辺りは前回の15号台風の被害が甚大で、コンクリート製の堤防が高波により破壊されてしまいました。海沿いの道は立ち入り禁止となってるんで、この辺りにやってきたのは久々です。

IMG_5731
↑工業団地内 Bianchi君を漕いで交差点に差し掛かりました。 ん! 信号が斜めになってますね。

IMG_5732
↑この信号機、進行方向正面に対して立っているのですが、45度くらいに斜めってました。ぱっと見では、どちら側の信号機だかわかりにくいですね。実際に通りかかったクルマが、徐行して確認しながら通過してました。19号の影響でしょうかね?

IMG_5726

IMG_5728

IMG_5729

IMG_5733
↑小回りの効くBianchi君に乗ると、わき道に逸れたくなります。んん、この路地は入ったことないな! 的に漕ぎ込んでいくと、行き止まりのどん突きだったりしますね。こんなトコに出るんだ! みたいな発見もありますね。

IMG_5734
↑ブルホーンに換装してから2年経ちます。ブレーキレバーを何にしようか?と悩みましたが、悩んだあげくDC-139ギドネットを採用しました。使い勝手悪くないですね。この復刻版DC-139がリリースされてからギドネットレバーの価格が落ち着いてきましたね。一時期はめちゃくちゃ高かったですから。

IMG_5735
↑ややや! ここの被害は気が付きませんでした。15号台風? 19号台風? 野島公園の堤防下テラスです。見事に持って行かれてます。ココ好きな場所だったのに残念です。

山に行こうゼ! (^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(o^^o)

というお誘いを頂いた土曜日です。

が!

 残念ながら午前中に梶ヶ谷でお客さんとのアポイントメント。週末にお客さんにお会い頂けるのは、ありがたいかぎりです。てな訳でせっかくのお誘いはお断りとなりました。お誘いありがとうございます。また遊んでください。すんませんでした。

てな訳で!

14時ごろ帰宅!  ぢ転車部屋に入ると! ヤバいB72(ブルックスB72)にカビが生えとる。ということで、S2プロムナードでの出撃となりました。久しぶりのコンフォート系車両です。ドロップハンドルが大好きですが、フラットバーもプロムナードバーも好きです。

IMG_20190929_082333
↑ちょろっとだけカビを払った後のB72

IMG_5646
↑金沢文庫称名寺 カワセミを撮ってるんでしょうか? バズーカ砲のようなレンズ構えたカメラマンさん?がやたらたくさんいました。彼岸花が綺麗に咲いてます。イチョウはまだですね。

IMG_5647
↑700Cを砂浜に乗り入れても、誰からも咎められません。海水浴シーズンは、ぢ転車もペットも立入禁止であります。

翌日曜日は、10時過ぎまで目が覚めませんでした。最近睡眠不足気味! もそもそと起き出してカーテンを開けると、路面が濡れてます。雨は止んでる風なんで、ブランチのあとお昼前に出撃!

IMG_5650
↑今日も昨日に続きS2プロムナードです。

IMG_5653
↑彼岸花が盛りですね。

IMG_5661
↑にゃーの溜まり場に遭遇しました。この画像の中に5匹います。後から気がついたんですが、クルマの陰にもう1匹いました。

IMG_5652
↑気持ちの良い秋晴れとなりました。読書にはぴったりです。コンビニでコーヒーとお菓子を買ってきて、読みかけの本を暫し読み続けます。いま読んでるのは、椎名誠作 本の雑誌血風録 です。多分読み返すの3回目くらいですね。

IMG_5651
↑缶コーヒーはルパンのイラスト付きです。デザインで買ったんですが、ちょいと甘すぎでした。

IMG_5659

IMG_5655
↑道路わきの植え込みの草花が楽しませてくれます。

IMG_5656
↑銀杏の実も、植え込みの中に落ちる分には良いんですが、道路に落ちているものは避けるのが大変(^^)

IMG_5662
↑最近こういう看板増えましたね。この場所も前回来た時は普通にぢ転車乗り入れてたのに、残念です。海の公園もだいぶ前に一部乗り入れが禁止されました。これ以上ぢ転車を閉めださないで欲しいなぁ! 

IMG_5657

IMG_5658
↑ベイサイドマリーナは、ボートショーなんぞやってて、人がたくさん出てたんでパス。

IMG_5649
↑日が短くなってきました。

IMG_5663
↑そういえば平潟湾の河口付近に釣り人が増えましたね。台風15号の影響で、福浦の防波堤が立ち入り禁止になった為でしょうか? ゴミは持ち帰ってくださいね。

速報!
東京MXテレビで仮面ライダーの再放送をやるそうな! 10月1日 18時30分スタートです。藤岡弘さんの勇姿が再びであります。



・・・予定でしたが、披露山公園レストハウスの売店はいつの間にかクローズしていて、ソフトクリームはオアズケとなってしまいました。オニ坂をえっちらおっちら登って来たのに、残念です。

IMG_5592

IMG_5591
↑披露山の名前の由来はいろいろとありますが、「頼朝公に献上する品をこの場所で披露した」という説を鎌倉幕府ファンのあたしとしては押したいですね。

IMG_5594
↑ソフトクリームは残念でしたが、ここの展望台からの眺めは素晴らしいデス。こちらは逗子湾越しに葉山港方面。波穏やか。

IMG_5593
↑此方は披露山庭園住宅越しに相模湾方面! ぽっかりと江の島が出てます。眼下の披露山庭園住宅! 超ウルトラスーパーゲロ高級な住宅地で、ユーミンの家だか別荘だかがあるとかは有名な話ですね。ここに来ると何となくユーミンのナンバーが頭の中で流れます。

IMG_5595
↑此方は披露山公園駐車場脇にあったレンタサイクル! こんな場所で需要があるんでしょうか? 公園内はぢ転車はNGだし、だいたいここに来る人はほぼ車だし、ぢ転車でオニ坂下りて、また登って返しに来るのかなぁ? なかなか疑問デス。
 
IMG_5597
↑帰りに大崎公園に寄りました。さっきと同じ葉山港方面の眺めです。

IMG_5596
↑カメラを寄せると逗子湾にはヨットがたくさん浮かんでました。逗子海岸には海水浴を楽しんでいる人がたくさん。因みに逗子海岸のキャッチフレーズは「太陽が生まれたハーフマイルビーチ」だとか! なんかわからんけどかっこいいデス。

IMG_5598

IMG_5321
↑今回ハーフクリップをちょろっと前に出しました。後輪のDC983カンチに踵が当たって不快だったんですが、コレで解消です。
そういえば、トウクリップの先っちょが泥除けに当たるとか当たらないとかで、当時のぢ転車小僧は論議しましたね(^^) 今となっては泥除けもトウクリップも忘れられた存在ですが、なんか懐かしいデス。大体からしてスロープしたフレームにヨコ型カンチを付けてる訳で、そりゃあ踵も干渉するでしょう! という事ですが、タテ型カンチはあんまり好きぢゃないので仕方ないのです。以前はダイアコンペXCTのタテ型カンチを使ってましたが、その時はノープロブレムでした。でも今回はクリップを前に出す事で問題解決であります。やればできる(^^)

IMG_5599
↑披露山からは裏道を通り、小坪港から逗子マリーナに入ります。和賀江島越しに材木座海岸 ちょろっと波立ってます。

IMG_5600
↑田越川散策 川沿いのシングルトラックは随所で行き止まり(^^) でもドン突きまで行ってみたいものです。悲しい(楽しい)サガであります。


IMG_5601
↑こんな道がずーっと続くと漕ぎ良いのですが、探検の楽しみは無くなりますね。

IMG_5602
↑途中でお会いしたお地蔵さん そういえば子どもの頃に母親から「のんのさんあっツ!」しなさい! と言われました。のんのさんは神様仏様お地蔵さんの意味 あっツはお参りの意味デス。では早速「のんのさんあっツ」して行くことにします。

IMG_5603
↑デコイが水浴びしてました。水は案外きれいです。

IMG_5590
↑川散策を楽しんで帰途に着きました。

IMG_5434
↑いきなり汚い足をだして恐縮です(^^)

IMG_5435
↑発癌性が高い!とか、シミになる!とかで、市民権を失いかけている日光浴ですね。でもこの季節はあたしのルーチンになってます。毎年4.5回は楽しんでる日光浴ですが、今年は梅雨明けが遅れたんで、初であります。小麦色の肌!とまではいきませんが、この季節に「まっしろしろすけ」は嫌なんです。

IMG_5441
↑松の木越しに海を見ながらの、音楽鑑賞&読書タイム! たい焼きアイス食べながら、なかなか至福の時間です。以前は無理して、ずーっとお日さま浴びてましたが、最近は無理せずに、松の木かげを陣取る事にしています。

IMG_5442

IMG_5443
↑午後5時 陽もだいぶ傾いてきたんでおひらきといたします。撤収ですね。

IMG_5444
↑少しだけまわり道して帰ります。

IMG_5445
↑アオサ がこの辺り群れてますね。

IMG_5446
↑奥の方に写っている女のコが「キモい キモい」を連発してましたが、実はこの アオサ君 水質改善に役立ってるんです。

IMG_5448
↑こんなに影が長くなっちゃいました。ビール買って帰りまぁーす。




このページのトップヘ