自転車について

GIOSが来た!

大河ドラマのタイトルのようであるが、麒麟は「来た」ではなくて「くる」だ。「来た」のはダーウィンである・・・この件は以前に何かで聞いたことがある。いつか使ってやろうとコピペってたが、今回初披露! 因みに「なんのこと??」という方は、日曜日のゴールデンタイムにNHKを見て頂ければわかると思う。

IMG_6779

IMG_6780
↑で、お題目にあるGIOSがあたしンちにやって来た。GIOSというと鮮やかなGIOS BLUEが象徴的だか、あたしンちに来たのは色白の娘である。言うなれば、らしくないGIOS! 例えるなら、ちぇれすてぢゃないBianchi あおいろぢゃないスバルWRXといったところか?ロードではない、20インチの小径車である。

あまり詳しくなかったので、GIOSをググッてみた。昔はGIOS Torino なんて言ってたかな?なんて記憶していたが、どうやら現状のGIOSとGIOS Torinoは別モノらしい。細かいコトは割愛するが、あたしンちにきたのは、Torinoではない方の庶民的なGIOSだ。Antico(アンティーコ)というモデルらしい。仏訳するとAntique(アンティーク) なんとまぁステキな命名だこと。愛情を込めてきょうから「ぢおすあんちこ」と呼ぶことにする。

IMG_6781
↑510ミリのクロモリフレーム 長ぁ〜いヘッドチューブにヘッドバッチとWレバーが付く。シートチューブとダウンチューブの胴抜きに懐かしさを感じる。

IMG_6782
↑後ろから見るとちょろっと華奢な感じ!ホイールサイズは451 パナソニック レ・マイヨと足元は共用できそうだ。フレームは所謂ホリゾンタルAnticoの所以か。子どもなら三角乗りが出来るかも。

IMG_6783
↑駆動部はこんな感じ! 2×8の16段変速だ。シマノ製のディレイラーがバシッと決まる。フロントアウターは52T  なかなか戦闘的であるしデザインもわるくない。ちっこいロードレーサーのようないで立ちだが目方は10.72㌔ 重いのか軽いのか? 

IMG_6784
↑ブレーキはいま風の、アウター内蔵型! 一見ワイヤーを張ってないようにも見えるが・・・

IMG_6785
↑あれれ

IMG_6786
↑実は本当に張ってない(^^) 埼玉の蓮田まで輪行で引き取りに行ったぢおすあんちこ!ロードのように三枚おろしにして袋詰めしたが、これがまた案外と小さくまとまらない。ロード用の輪行袋持って行ってよかった。それにホイールがちっこい分バランスが悪く、上手に縛らないと自立しない。Dahonの輪行袋で入るかな?なんて一瞬血迷ったが、とんでもない錯覚。それこそ御法度のはみ出し輪行になるところであった。幸いにして帰りの宇都宮線、京急線はベストポジに袋を置けて座って帰還。金沢八景駅で組み立てて押しで帰ってきた。現地でちょろっと試乗してみたが、硬めでクイックな乗り心地。目線から低い位置にある1/8タイヤが妙に細く感じる。この状態での乗車は、ノーブレーキピストよりたちが悪い。

IMG_6788
↑消えかかっているがトップチューブにはAnticoの文字が入る。さてこのあんちこ、オーバーホールして暫く遊んだ後は職場に持ち込む予定。ちょっと前からそんな目論見があり、手ごろなブツを探していたらこれに当たった。もうちょっとコンフォート系を狙っていたが、あたし的には掘り出し物だ。



サイクルスポーツ紙 76年11月号が押入れから出てきた話し(^^)

1976年といえば、あたしが中学2年生ころだ。ぢ転車に興味を持ち始めて、友達とあちこち遠乗りに行った。使用機材はBSヤングウェイガン!セミドロハンドルの5段変速だった。そんな頃に購読していたのが、サイクルスポーツ誌 手元にあるのはこの一冊だけ。ニューサイクリング誌も時々買っていたが、14歳のあたしには敷居が高すぎた。その後経験を重ね、段々とぢ転車の知識が増してくると、ニューサイ誌に移行したが、そのニューサイも今はない。あたしンちに唯一残るサイスポ誌の中をちょろっと覗いてみることにする。ぢ己満足のレポートだが、読んでいただけると嬉しいな😊

IMG_6715
↑なかなかワイルドな! 野生チックな! 汗臭い表紙だ。この時代はみんなこんな格好で漕いでいた。初めて買ったサイスポ誌は、この何号か前の筈。 記憶に残ってる記事は「我ら外車党」なんていうお題目だった。デ・ローザ コルナゴetcを初めて知る。45万円という価格におったまげた少年六浦っ子(^^) ちなみにその時出ていた外車で気になったのは、レニャーノだった。

FullSizeRender
↑親のスネをかぢって買って貰った石橋さんちのDT-6210、大学2年生頃までのあたしの旗艦だ。友達がボルドー色のDT-6010に乗っていた。あたしも本当はボルドーが欲しかったが、被るのでシャインホワイトにした。駆動部はサンツアー、スギノのパーツを多用していた。藤田プロのサドルかわやたらと硬かった。

IMG_20200522_074800
↑少年よ大志を抱け!のクラークさんとこにもこのDT-6210で行った。19歳の夏!

FullSizeRender
↑コチラは丸石エンペラー  現行のエンペラーに比べるとちょっと華奢な感じ。ブランドはいまだに残っている。恐るべし。フレームカラーも渋いぜ。丸石さんに乗ってる友達はいなかったが、ベニックスに乗ってたやつはいた。エンペラーとベニックスは、あたしの中では一目置く存在だ。

FullSizeRender
↑宮田ジュネスシリーズ! メルクスシリーズの廉価版で、二人の友達がクロモリジュネスとハイテンのジュネスに乗っていた。宮田はオレンヂ色のイメージがある。ル・マンシリーズのご先祖様だな。宮田はシマノ、栄が駆動部を飾っていた。

FullSizeRender
↑ヤマハからは、ヤンクル&バンクル!いわゆるBMXのはしり!友達がヤマハモトバイクに乗ってた。 そして、ゼブラ・アルピナ!

FullSizeRender
↑知る人ぞ知るマイナーブランドだが、ナカナカいい感ぢだ。ステムにQRが付いてる。楽々輪行がウリ!シルクパーフェクトクイックとかアルプス・クイックエースと同じ考えか? このステム欲しいなぁ。 70年代のアルピナはこんな感ぢ。当時はアウトof眼中だったが、いまみると魅力的だ。ゼブラアルピナと、光ハイダッシュランドナーが頭の中ではイメージが重なる。しかしながら両車とも実車は見たことがない(^^)

FullSizeRender
↑フジオリンピックとフェザーコンポ!フェザーコンポはロードマンのようにベースがあって、アクセサリーを選んで組付けるやり方。ぢ転車屋さん大変だったろうな

FullSizeRender
↑ナショナル ぢ転車! 今のパナソニックだ。あたしのパナデモンタのご先祖様も掲載されていた。「今日、ロードレーサー明日、スポルテーフ」この頃は27×1 1/4とか1/8が標準だったスポルティーフのWOホイール寸法。これがチューブラーと同一の700Cにして、ホイール交換だけでロードレーサーにもスポルティーフにもなる!という発想だ。ロードレーサーの第一条件はチューブラータイヤだった。WOタイヤを履いたガードのないスポルティーフの事を、ファーストライディングなんて言ってた。好きな言い方だかいまはあまり聞かない。友達が乗ってた1/8はホイールがデカくて細くてカッコ良かった。でも頻繁にパンクしてたなぁ!

FullSizeRender
↑じゃんじゃん横丁! そう!いわゆるぢ転車の売り買いだ。住所 電話番号 名前まで全て載って載ってる。個人情報保護なんて考えは、ここには無い。売主に電話しても大概売り切れだった。

IMG_6725
↑地方(大分県別府市)の少年だったあたし。欲しいパーツは通信販売に頼ってた。京都のイワイさん。名古屋の二光さんは常連だった。初めての通信販売はユーレースーパーアルビーとレフォールのガード!

IMG_6726
↑知る人ぞ知るブルーワーカー! 友達ん家にあったなー シークレットブーツとブルーワーカーはこの時代の雑誌広告の定番(^^)

FullSizeRender
↑ご近所の木下サイクルも広告を出していた。長谷川さんとこのシューズは魅力的だ。

FullSizeRender
↑コレは初代のユーラシア! それまでのSSシリーズのカラーがシブい分、ユーラシアが華やかに見えた。淡ぁ〜いピンク、同グリーン、同ブルーの色彩がオサレだった。広告がモノクロなんでわからんてσ(^_^;)

IMG_20200522_071834
↑因みにこのサイスポ誌、定価300円だ。もちろん消費税はない時代の話し。以上あたしのぢ己満足レポート。おいしゅうございました。

COMPE-Vが出てきた。

IMG_5618
↑前田製作所製の前変速機、COMPE-V「こんぺぶい」が出てきた。スパートやSLと並んで、前田のトップノーマル三兄弟。使ってたかた多いんじゃないだろうか?  この個体は何年か前にヤフオクで落札したブツ。汚いし錆びてるし、それなりに遣れてる。

IMG_5620
↑トップノーマルの前機。ワイヤーを引いて強制的にインナーに落とす! だから急な上り坂でも確実にギアを軽く出来る。ということでツーリストには重宝がられた。

IMG_5619
↑コンペ-V サインはVではない。でもコンペというくらいだからロード用か?

日曜日 49と47のお話し

というと何のこっちゃ?となりそうですが、コレを49Tと47Tのお話しとすると、なんとなくイメージできる方が多いかと(^^)

IMG_6072
↑コチラはスギノプロダイダイナミック49T いわゆるプロダイですね。富士山バージョンとか、世田谷区バージョンとか呼ばれてるヤツです。プロダイはルネパターンが人気で、コチラはまぁ、こんなんもあったね。くらいの存在感であります←賛否両論あるかと思います。

IMG_6071
↑代わってコチラはTAシクロツーリストとかいうヤツです。長年使ってますが正式名称は知らん(^^; 47Tです。


で、その49Tと47Tなんですが、あたしンちにある二台のツーリング車用です。


IMG_5928
↑パナソニック デモンタブル 700×25Cを履いた快走ツーリング車。ギア設定は48×32T 15-28Tの10段変速 アキューシフト装備です。

IMG_6023
↑コチラはRoyal Nortonツーリング  650×35Aを履いたゆったりツーリング車。ギア設定は46×40×32T 14-24Tの15段変速 

2台ともアウターギア低めの設定です。それは年齢的考慮があってのコトなんですが、最近ちょろっと感じること!アウター×トップで脚が余ることがあるんです。いわゆる飛ばし屋ではありませんが、気持ちよく快走することはサイクリングの醍醐味のひとつかな!と

IMG_6074
↑パナもん太700Cのアウターは48T

IMG_6073
↑Norton 650Aは46T

まぁ、いつでもチューンアップできるように、パナもん太700C用に49Tを、Norton 650A用に47Tを準備しているというお話しです。たかが1Tで何が変わる?と言われるとそれまでですが。

日曜日午前中から、あたしの妄想にお付き合いいただき、ありがとうございました。

探見ライト やじろべえ合体作戦

先日のTAKOぽんさんのレポートに刺激されて工作してみました。

トモダのやじろべえ! 使ったことある方、現在使っている方も、たくさんおられるのではないでしょうか? かく言うあたしも使ってました。ナショナルネオフラッシュなんていう探見ライトとセットで使ってましたね。いまは昔であります。 残念ながら、ナショナルネオフラッシュとホルダーは既に手元にはありません。

IMG_5666
↑しかしながらやじろべえは何故か三つもあります。三つとも初期型ですね。穴の大きい方がロックナットハブ用で、穴の小さいのがクイック用ですね。

IMG_5670

IMG_5669
↑以前使っていたのは、ホールインという進化型だったハズ? てえ事は手元にある三つはいつからあたしンちにあるのだろう?

上の2枚はネットでお借りした画像です。差し障りがあるようでしたら直ぐに削除致します。


IMG_5665

IMG_5664
↑今回は単2×2本の探見ライトをチョイスしました。以前使っていたナショナルネオフラッシュは単2×3本でしたから、やじろべえのリーチに対してギリギリですね。

FullSizeRender
↑ヤフオクで探見ホルダーを探したのですが、予算内で単2用は生憎見つからず、代わりに押入れからこんなんが出てきました。こんなんぢゃわからんだろ! 中身は何なんだ?

IMG_5668
↑ぢゃぢゃぢゃぢゃ〜ん! コレであります。インサートホルダーですね。要は探見ライトに穴を開けて直付けする金具です。ワッシャーとウイングナットが欠品ですねー コレはクレームつけなきゃなりませぬな。で、いつ何処で買ったやら?? 今となっては・・・多分昭和の頃?

IMG_5738
↑先ずは穴開けからです。ドリルが滑らないようにポンチを打ちます。

IMG_5739
↑ドリルで穴開け

IMG_5740
↑ホルダーもちょろっとカットします。

IMG_5741
↑そしてこんな感じですね。

FullSizeRender
↑やじろべえと合体!

IMG_5751
↑わるくないですねー

IMG_5752
↑Royal Nortonチューブラーに付けた図

IMG_5754
↑電球はLEDに変更済み! 
一見明るそうですが、実用性は如何に?

IMG_5753
↑良い仕上がりかと! 

ギャラリー
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • GIOSが来た!
  • ライブドアブログ