サイクリング(ちょっとだけ遠出)

筑波山麓秋祭りだぁ

今年も輪行袋を担いで降り立ったのは、早朝のつくば駅だ。そら模様は曇り優先のちょろっと沈みがちなお天気だが、ココロは太川陽介状態!そう、ルイルイ!早速駅前広場での開封である。

いつも思うがなんとも広すぎて、組立て何処でやろうかと迷いどころだ。まぁルイルイ状態なんで、ウキウキしながらアズマ産業の輪行袋を開けたら、

ガガガーン!赤いお尻が大変なことになっていた。いつものことだが、事件は袋の中で起きていたのだ。決して、会議室ではない。

それはさておき,とりあえずぢ転車を漕げる状態にした。向かいの公園で取り急ぎ朝ごパンを食べる。お仲間何人かが、この駅に降り立っている筈だが、ピチピチウェアのローディーが通り過ぎるだけで、それらしき姿は見えない。

ここから集合地点の筑波総合体育館までは一時間くらいの距離である。昨年は筑波大学の校内を突っ切っていったが、今年は少しだけ回り道して向かうことにする。

りんりんロードの旧筑波鉄道コース経由だ。時刻は7時40分!トラブルさえなければ遅刻はあるまい。紙地図はあるが、迷いたくないので、スマホに頼って藤沢休憩所へ向かう。

途中後続のクルマからけたゝましくクラクションを鳴らされた。しかも長い!路肩の畝りを避けるため、ちょろっと膨らんだだけなんだが・・・ワンワン吠えて逃げて行く弱犬のようだ。

畦道のような、雰囲気の良い路ちをスマホは案内してくれた。藤沢休憩所着は8時15分着!旧藤沢駅のホームがしっかり残っていた。トイレ休憩して写真撮って再び漕ぎ出す。

ココからはほぼフラット!小田城跡を過ぎてちょろっと行ったところで、りんりんロードから離脱。予定通り筑波総合体育館に到着した。既に多くの方が到着しており、やあやあ久しぶり〜てな感じで挨拶したり、近況報告したり。お互いのぢ転車見たりといつもの風景だ。

途中合流組はいるが、全員集まったところでtaboomさんから事前説明←ブリーフィングとか言うらしい。今回はMCPの定例会とプライベート会を兼ねているそうだ。知らんかった。

食材の仕入れのため、いつものセブンイレブンに向かう。このセブンに向かう路ちもジミーに好きだ。ところがあるべくところは更地になっていた。コンビニ業界も大変だ!何れにしても食材なしで山登りはできない。仕方なくちょろっと先のファミリーマートに向かう。コチラはちゃんとあった。よかったよかった。

いつものように小町の里に向かう。そしていよいよ山登りだ。この辺りから「テール割れてるよ〜」なんていう声が掛かるようになった。その度に「事件は袋の中で起きてるんだよ」と事前に用意した返事を返す。何回言ったかなぁ?

テール割れはさておき、相変わらずキツいさか道だ。ローギアの32×27にぶち込んで、マイペースで登る。朝日峠手前の見晴らしの良いところ!が次の集合地点!そこまで脚を付かないように漕いだ。

その集合地点に着いたが、誰もいない。先に行っちゃったらしい。暫くその場に佇んでいた。二人ほど合流したが、後が続かずだ。談義の結果先行隊を追うことにする。

ひと踏ん張りすると先行隊に追い付いた。ハングライダーの離陸場脇だ。ココからの景色は更に良い!霞ヶ浦もよく見える。もしかして「朝日峠手前の見晴らしの良いところ」はココのことか?と、勝手に思っていたが、やっぱさっきのところだったらしい。すまぬすまぬ(^^;)

ココで齋藤電鉄ryuさんと、高知のMさんが合流・・だったかな←きおくが!みんな登ってきたので、もうひとふん張りして朝日峠到着!待ちに待ったお昼の時間である。みんな思い思いに陣取って、楽しいランチタイムはほぼ一時間。楽しい時間は過ぎていった。

お腹ぽんぽこりんのあとは、一旦下るものの、そのあとは結構キツい登り下りが続く。しんどい!あるしんどだ!

例によっていつもの場所で眞さんをピックアップ!登坂前にrikoパパさんとうわさをしていた。「眞さん来るよね・・・」「絶対来るよ〜」・・・ほらやっぱりいた。一昨日も来たらしい。元気な70代である。それに期待を裏切らない70代でもある。

「行くよ〜」眞さんを急かして先を急ぐ。風返し峠までもうちょいだ。先頭はDAHON14㌅のTさん。TOEIのカンタローさんがピッタリと追走する。少し離れてRoyal Nortonのあたし。

それにしても14㌅DAHON早すぎ!下り坂では流石にホイール径のちっこい分速度が落ちる。そのスキマを縫ってあたしは追い付く。セコイ作戦である。しかしのぼり坂はTOEIにも負けてない。Royal Nortonは更に離されていく。

限界をちょろっと過ぎたあたりで風返し峠に到着した。もう駄目だ!これ以上は漕げん。みんなを待って、写真撮って、思い思いに時を過ごす。ココからの筑波山は見事だ。

それにしても、いくら早いとはいえ、ココに何故14㌅をもち込むのか?Tさんに聞いてみたら「クルマに乗せられないから」というお返事をいただいた。

ココからは豪快なくだり坂だ。筑波山神社の大鳥居で再集結して、つくば道の入口まで戻る。ぢ転車担いで旧筑波山郵便局前で再集結!暫し時を過ごしつくば道を落ちるように下る。

いのちの危険を感じたか?Tさんは最初押して降っていた。小径車にとって、畝りのある激坂下りはつんのめったらタイヘン!

稲葉酒造でお酒を買って、榎木の大木を見て、例の彼女もご健在だった。たのしい時間はあっという間だ。いや、苦しかったイチニチか。筑波総合体育館に戻り、そして締めて、みんな帰路につく。

Tさんは派手な2シーターのスポーツカーだ。確かに14㌅くらいしか乗せられそうにない。納得である。

あたしはtaboomさんのサンダーバード2号で駅まで送ってもらうことになった。感謝感謝である。駐車場の芝の上で袋詰めである。何だかやでギャラリーが集まる。「さすが慣れてるね〜」「なるほど、そこでひっくり返すわけだ〜」とか声が掛かる。いやいやそんな、たまたまココでひっくり返しただけ、手順なんていつもバラバラよ!

そこで、rikoパパさんからグサっとひと言!「養生とかしないんだね〜」はははっ!そうなんです。だから袋の中で知らないうちに事件が起こるんです。

コレは湾岸署の管轄であります。 

IMG_4215
↑早朝のつくば駅前

IMG_4217
↑駅前広場は見事な紅葉

IMG_4218
↑こういう路ちは いとをかしである。

IMG_4219
↑藤沢休憩所

IMG_4220
↑小田城跡

IMG_4221
↑筑波山

IMG_4222
↑ココも いとをかし

IMG_4223
↑集合は筑波総合体育館

IMG_4224
↑ちょろっと寒い

IMG_4225
↑いよいよ漕ぎ出し

IMG_4226
↑小町の里

IMG_4227
↑この先山登り

IMG_4228
↑いつもの絶景地

IMG_4229
↑さっきまでいた場所が見える。

IMG_4230
↑激坂!

IMG_4232
↑コレはrikoパパ さん

FullSizeRender
↑と、あたしだ。
高知のMさん、写真お借りします。

IMG_4233
↑ウヒョーサイコーの眺め

IMG_4234
↑この場所からの眺め

IMG_4235
↑霞ヶ浦も見える

IMG_4236
↑さぁもうちょい漕ぐよ

IMG_4237
↑楽しいランチタイム

IMG_4238
↑その2

IMG_4294
↑みんなお腹ぽんぽこりん!
taboomさん写真拝借いたします。

IMG_4240
↑朝日峠駐車場

IMG_4243
↑風返し峠までのアップダウンがキツい

IMG_4244
↑BonBonさん

IMG_4245
↑風返し峠

IMG_4246
↑朝日峠方面

IMG_4247

IMG_4249

IMG_4250

IMG_4251

IMG_4297
↑風返し峠で記念写真
taboomさん再び借ります
 
IMG_4252
↑随分降りてきたが、まだまだ高いぞー

IMG_4253
↑筑波山神社

IMG_4254
↑つくば道に凸入

IMG_4255
↑乗るのが怖い

IMG_4256
↑ここは漕げないなぁ

IMG_4257
↑あたしも担ぎます。

IMG_4258
↑今年もありました。

IMG_4259
↑こんな石段

IMG_4260
↑旧筑波山郵便局 本日開局しています。

IMG_4261
↑福来(ふくれ)みかん

IMG_4262
↑こんな坂が続く

IMG_4264
↑まだ押してるよ。

IMG_4304
↑記念写真

IMG_4265
↑撮ったのはこの人

FullSizeRender
↑アップで

IMG_4267
↑ビシバシ下って

IMG_4268
↑稲葉酒造

FullSizeRender
↑里山を漕ぐ

IMG_4270
↑大榎木だっけ?

IMG_4271

FullSizeRender

IMG_4273

IMG_4274

IMG_4275

IMG_4276
↑筑波山

IMG_4277
↑筑波山麓秋祭り

IMG_4278
↑その2

IMG_4279
↑今年も会えた

IMG_4280
↑北条商店街

FullSizeRender
↑輪行袋の中の事件

IMG_4281
↑今回の収穫!福来みかん、カキ、稲葉酒造の日本酒

戸川林道、表丹沢林道、裏ヤビツから七沢へ!その前に吾妻山!

秋もだいぶ深まってきた。10月最後の土曜日は、4Catsさんと連れ立って、丹沢の林道を攻めることになった。

あたしは例によって早朝輪行。集合の8時には早いが、電車が混む前に小田急線鶴巻温泉駅に降り立った。なんのことはない。4Cats さんも早めの到着で、予定より早い漕ぎ出しである。

山にはいる前に「大っきな木が見たい」とのリクエスト、山とは反対側にちょろっと向かう。樹齢600年という欅の巨木を見ながら、朝ごはんを食う。あんぱんといなり寿司だ。

巨木を満喫したあとは、延命地蔵尊に立ち寄って健康を願う。そしていよいよ山へのアプローチである。ウォーミングアップを兼ねて?先ずは矢倉沢往還への路ちを辿る。しかしながら何処をどう間違えたか、木段付きの登山道に入ってしまった。段差がキツくて、初っ端からタイアードである。

押して、担いで、乗って、転けて、刺さって、乗って・・・こんな感じだが、キャッキャ言いながら、なかなか楽しかった。

一旦246号に降り、水無川沿いに直登し、新東名を迂回して戸川林道に入る。本日の使用機材Bianchi 26HEパスハンはベストな選択かと実感。ゲートを潜り表丹沢林道に入る。最近舗装し直されたようで、綺麗な路面が続く。

途中、真っ黒なカモシカ君が道を横切ろうとしている場面に遭遇。。あたしもびっくりしたが、カモシカ君も驚いたみたいで、渡るのをやめて林道脇に佇んでしまった。カモシカ君が去るのを待ったが、なかなか動こうとしない。それどころか、首を振って威嚇する素振りもみせてきた。あたし等も危険を感じ、ちょろっと後退。すると当初の予定通り?林道を渡り、茂みの中に消えていった。近くに子どもがいたのか?とすると、かなり危険な場面だったかもしれない。

しかしながら腹が減った。菩提峠で膳を広げることにする。暖かいモノがお腹に入ると疲れもとれるやね〜 ホッとしてひと心地ついた。ご飯を食べ終わったら、既に14時半近かった。時間が押しているので、ショートカットして下山か!という案もあったが、諸事情を鑑み予定通りのルートをとることにした。

裏ヤビツ、宮ヶ瀬、七沢経由で伊勢原に降りる。時間は掛かるが、基本的に下りオンリーである。裏ヤビツは昨年の今頃、宮ヶ瀬側から登ってきた以来だ。ずーっと通れなかったのだが、つかの間開通した!という情報を入手して漕ぎにきた。あの日は雨降りだったが、ぢ転車はわんさかいたなぁ(^^)

紅葉は盛りのすこし前かな。きもち薄い気がする。下りはビュンビュンとスピードが出るが、寒いの寒くないの(T-T) 気温は11℃とあった。それにしても、こんなに長かったけ? 4Catsさんは遥か先を行く。寒くないのかぁ? 何だかやで下り坂を満喫し、下界へと戻ってきた。ヤマでは曇りがちで11℃とあったが、伊勢原は陽が差しての17℃であった。

IMG_4085
↑久しぶりの鶴巻温泉駅

IMG_4086
↑樹齢600年の欅の木

IMG_4088
↑延命地蔵尊

IMG_4089
↑農家の裏道・・・

IMG_4090
↑ガマガエルのおぶぢぅ

IMG_4091
↑最初は舗装路

IMG_4092
↑快適なぢ道が続く

IMG_4096
↑吾妻山

IMG_4097
↑からの眺め

IMG_4098
↑付近を散策

IMG_4099
↑ちょろっとだけ視界が開けた。

IMG_4101
↑あんまり遭遇したくない

IMG_4102
↑鉄塔の真下

IMG_4104
↑下り坂も押す

IMG_4105
↑雰囲気はいいが、漕げない

IMG_4106
↑下の道に逃げる

IMG_4107
↑4Cats さん

IMG_4108
↑ハイカー多数

IMG_4110
↑善波峠

IMG_4111
↑矢倉沢往還

IMG_4113
↑雰囲気はいいぞ

IMG_4114
↑切通しになっている

IMG_4115
↑可愛い石仏さん

IMG_4116
↑頭のない石仏さん多数

IMG_4117
↑水無川に沿ってのぼる

IMG_4118
↑新東名のSSができる?らしい

IMG_4120
↑戸川公園の吊り橋

IMG_4122
↑いよいよ戸川林道

IMG_4123
↑ご機嫌なじゃり道が続く

IMG_4133
↑お馴染みの道標

IMG_4135
↑水は豊富!

IMG_4136
↑流れが林道を横切る

IMG_4137
↑ココから表丹沢林道

IMG_4138
↑お馴染みの看板

IMG_4139
↑バリケードの脇を

IMG_4141
↑ランドナーはやっぱ絵になる

IMG_4143
↑この看板好き

IMG_4144
↑登山道が横切る

IMG_4147
↑時々下界が見える

IMG_4148
↑ややや

IMG_4150
↑彼(彼女)が林道を渡ろうとした時に出会した。渡るに渡れない状態

FullSizeRender
↑暫くお見合いしていたが、コチラがちょろっと下がったら安心したか、林道を渡っていった

IMG_4153
↑菩提峠でランチタイム

IMG_4154
↑菩提峠の道標はない。国定公園の標記のみ

IMG_4157
↑落ちるように下る

IMG_4158
↑紅葉

IMG_4159
↑まだ薄い

IMG_4160
↑渓流

IMG_4161
↑釣り人

IMG_4175
↑気温は11℃

IMG_4176
↑紅葉

IMG_4177
↑紅葉

IMG_4178
↑紅葉

IMG_4179
↑川遊び

IMG_4180
↑中津川

IMG_4181

IMG_4182

IMG_4183
↑川

IMG_4184 
↑朽ちたガードレール

IMG_4185
↑むかしの林道跡

IMG_4187
↑いまは湖底に沈む

IMG_4188
↑本日の使用機材Bianchi 26HEパスハン

IMG_4189
↑水の郷大吊り橋

IMG_4190
↑宮ヶ瀬湖畔園地

IMG_4191
↑三叉路は右へ

IMG_4192
↑宮ヶ瀬湖

手賀沼・印旛沼!ランチはうな重

楽しみにしていた堂平山が雨で延期?となった。残念ではあったが、前後してtaboomさんからMCP定期会のお誘いを受け、断る理由もなく袋を担いで電車の人となった。

堂平山には新型?パラボで参戦予定であったが発注していたコルデラヴィが未だに届かない。仕方ないのでNorton 650Aからハチサンを剥ぎ取った。Norton君ごめんねー

 次に気になっていたサドルバックのマウント!長年愛用しているキャラダイスバックマンが気にいらなくなった。オーストリッチのように、サドル下に回り込むタイプのサドルバックは収まりが悪い。ずーっと気になっていた。そこで、この度キャラダイスクラシックというキャリアに変えてみた。コレがまた具合いいんだ。

但し、ガッしりしたサドルのバックループが必要!パラボオリヂナルのビニールサドルのループはいかにも弱っちい。試しに付けてみたが、残念な結果に終わった。で、最近のブルックスはループがしっかりしてんだよな〜 てなわけで、またまたNorton 650AからB-17を剥ぎ取った。

タイヤは取られるわ、サドルは取られるわで可哀想なNorton君!すまぬすまぬ(^^;)である。でもそのおかげでで、キャラダイスクラシック&オーストリッチS-1がパラボ君にしっかりとおさまった。Norton君ありがとう(^^)

そして5時36分発の特急に乗り込んだ。集合時間には早いが、混雑が嫌やなんでいつも早いのにする。オトコの話しではない。電車の話しだ。

品川駅からは常磐線勝田行きに乗り換え、一番先頭の特等席をゲットした。よく使う電車だ。大概この付近には輪行袋が集まる。今日も既に三袋集まった。更に柏駅で二袋追加。カップルのローディーが置き場を求めてウロウロ!次の我孫子で降りる予定なんで、そのことを告げ特等席を譲った。ランドナー乗りは優しいのである。

さてさて7時26分に我孫子駅到着!駅前から少し離れた場所で袋を開けた。元々輪行仕様ではなかったパラボ君!それでもヘッドはリテーナーの落ちないタイプに、泥除けの下ブリッジのところは差込み式に改造してきた。

そこに高知のMさん登場! taboomさん、4Cats さんと顔見知りが集まってきた。本隊は別のところで組み立てしているそうで、その後ぞろぞろと集まってきた。知った方、初めての方、最終的には14名のおぢさんたち大集合である。車種も様々!ランドナー、ロード、スポルティフ、ミニ・・・褒められたはなしではないが、ヘルメット装着率も低い(^^;

taboom さんの先導で、14台がぞろぞろと続く。コースは我孫子駅、手賀沼、千葉ニュータウン、印旛沼、千葉ニュータウン、我孫子駅!ざっくりとこんな感じだ。Stravaのデータによると約70㌔!高低差もそんなでもなく快適なトゥーリングを満喫できた。学生時代は北海道から九州まであっちゃこっちゃ漕いで回ったが、この辺りに食指を伸ばすことはなかった。

まぁ遠くには行きにくい、というのもあるが、ここ10年くらいは一都六県が漕いでて楽しい。今回もイメージとは別物の風景がそこには広がっていた。お昼は印旛沼近くの 川ばた園 というお店でうな重を食った。お弁当組とうなぎ組とで別れたがあたしはうなぎ組!特上とはいかないが、竹うな重3500円税込を堪能した(^^)

お腹が膨らむと漕ぐのが嫌やになる。駄々を捏ねても置いていかれるだけなんで、我慢して漕ぐ。まぁコースは全然キツくないし、クルマの来ない小径を選んでくれたんで快適である。幾つかの見どころで立ちどまり、疲れてる暇はないのだ。トゥーリングの終盤は手賀沼を周回して我孫子駅にゴールした。

輪行組、デポ組とこの地で解散。楽しいイチニチであった。最終的に残ったのがtaboom さん、高知のMさん、あたしの三袋である。ぢ転車は袋詰めしてあるし!という事で駅前居酒屋で一献傾けて各自電車のひととなった。

IMG_3895
↑かわいそうなNorton君!

IMG_3808
↑品川駅から常磐線勝田行きに乗る。

IMG_3809
↑JR施設脇で開封

IMG_3810
↑少しづつ集まってきた

IMG_3811
↑わー!一気に大所帯ぢゃん

IMG_3812
↑手賀沼!見るのはお初

IMG_3813
↑ひなたは暑いくらい。

IMG_3814
↑手賀沼

IMG_3816
↑湖畔でのひととき

IMG_3817
↑田園地帯をすすむ

IMG_3818
↑みんな安全運転

IMG_3819
↑誰だかの立派な家

IMG_3820
↑民家の軒先で

IMG_3821
↑クルマのこない道

IMG_3822
↑今井の桜だそうな

IMG_3823
↑さくらの季節ではない。

IMG_3824
↑稲刈りも中盤戦

IMG_3825
↑臼井第二小学校平塚分校 廃校である

IMG_3826
↑校舎はまだ健在

IMG_3827
↑とまるとぢ転車囲んでワイワイ

IMG_3828
↑千葉ニュータウン

IMG_3829
↑結縁寺

IMG_3830
↑その2

IMG_3831
↑案山子

IMG_3832
↑結縁寺池から結縁寺

IMG_3833
↑その3

IMG_3834
↑カボチャのオブジェ

IMG_3835
↑話しは尽きない

IMG_3836
↑その2

IMG_3837
↑地道を行く

IMG_3838
↑その2

IMG_3839
↑ランチタイムはココ

IMG_3840
↑竹うな重 3500円税込

IMG_3841
↑お弁当組はこの辺りで食べたらしい

IMG_3842
↑堤防のみち

IMG_3843
↑かっぱ公園というらしい

IMG_3844
↑堤防から印旛沼

IMG_3845
↑湿原が続く

IMG_3846
↑がまのほ

FullSizeRender
↑アカツメクサ

IMG_3848
↑堤防からかっぱ公園

IMG_3849
↑印旛沼の風景

IMG_3850
↑その2

IMG_3851
↑その3

IMG_3852
↑船戸大橋

IMG_3853
↑雲がぽっかり

IMG_3854
↑再びの千葉ニュータウン

IMG_3855
↑並木

IMG_3856
↑イノシシ出没します。

IMG_3858
↑小林牧場

IMG_3859
↑牧場を突っ切る

IMG_3862
↑だいぶ陽が傾いてきた

IMG_3863
↑JR成田線

IMG_3864
↑その2

IMG_3865
↑その3

IMG_3866
↑木下駅前のお煎餅屋さん

IMG_3867
↑きおろし!と読むらしい

IMG_3868
↑側道は冠水中

IMG_3869
↑これは4Cats さん?

IMG_3870
↑これも

IMG_3871
↑これもそうかな

IMG_3873
↑旧・発作橋は通行禁止

IMG_3874
↑発作橋

IMG_3875
↑旧・発作橋

IMG_3876
↑発作橋でみんなたむろ

IMG_3877
↑旧・発作橋を潜る観光船を発作橋から見たところ。

IMG_3879
↑その観光船

IMG_3880
↑旧・発作橋

IMG_3881
↑発作橋

IMG_3882
↑発作橋

IMG_3883
↑手賀川の堤防道

IMG_3884
↑白鳥がいる わかるか?

IMG_3885
↑この看板好き

IMG_3886
↑金曜ロードショー?

IMG_3887
↑手賀沼逆光

IMG_3888
↑ロボット軍団

IMG_3889
↑この地でクルマ組が解散

IMG_3890
↑手賀沼沿いの道

IMG_3891
↑我孫子駅袋詰め 高知のMさん

IMG_3892
↑taboom さんは赤!あたしは青


IMG_3893
↑いやぁカラフルやね この後居酒屋へ


IMG_3894
↑帰りの常磐線 高知のMさん

IMG_3897
↑Norton君は元の姿に戻った。めでたしめでたしである(^^)

境川と和泉川をはしご(^^)

台風の影響で、南西諸島は荒天続きらしい。しかしながら、南関東地方は残暑の残る晴天である。

夜中のうちに何となく浮かんだ道程!Nortonチューブラーを引っ張り出して、漕ぎ出しは8時ちょい過ぎとなった。池子のトンネルを越え、JR逗子駅の裏を通り、小坪トンネル越え!いつものルートで鎌倉由比ヶ浜に出る。

往く夏を惜しむ人たちで、ハマはそこそこの賑わい。稲村ヶ崎でひと休み。江の島がでっかく見えてきた。しかしながら、その後方に鎮座しているはずのフジヤマは雲の中だ。

江の電に沿った、渋滞の道をテレコンと漕いでいたmutuurakko1173。もうまだしもまだしもmutuurakko1173もら、右前方の車の窓にあるものが映った。ぢぇぢぇぢぇ〜 あたしの後ろに連なるぢ転車の列だ!車道本線だけでなく、路肩の渋滞をあたしが招いていたのだ。一旦脇に逸れて先に行かせる。すまぬすまぬである。風光明媚な七里ヶ浜!しかしながら、のんびりと景色眺めながら漕いでいたら顰蹙(ひんしゅく)を買うのである。

片瀬東浜の交差点で海と別れて内陸に入る。学生時代、この交差点の角にスエヒロ5というレストランがあった。何回か来たことがあるか、ハンバーグとご飯で430円くらいだったかな?当時は珍しくご飯は食べ放題で、貧乏学生にはありがたかった。とは言え、そうしょっ中来れたわけではない。親からの仕送りだったり、バイト代が入ったらランドナー飛ばしてきたものである。

まぁそんなこと思い出しながら、竜口寺交差点で江の電を撮る。国道467を藤沢駅方面に暫し漕ぐと、境川橋に出た。今日のお目当てのひとつは、この境川沿いのぢ転車道だ。境川サイクリングロードは、もうちょい上流から始まっているので、この辺りは途中何箇所もぶち切れており、迂回しながらの遡上である。

藤沢市民病院の辺りからは其れらしくなってきて、サイクリスト達を見かけるようになる。ロード、MTB、ママチャリ、ミニ等に混じって泥除け付きのツーリング車もちらほらである。以前に比べるとマナーも良くなり、安心して漕げるようになったが、相変わらずのお調子者もいる。ココはレース場じゃないんですよ。こういう方は、速度を落とすのが苦手なようである。

相鉄本線のガードを抜けた辺りで境川を離脱。瀬谷本郷公園でトイレ休憩をとった。ひとつしかないチューリップ!奇しくも3人のぢ転車乗りがひと時に集まった。ダホンのAさん、ビアンキのBさん、それにあたしである。チューリップ争奪で、ひと面着あるか?と危惧されたが、ここは平和解決!じゃんけんでの順番決めである。この辺りの件、フィクションがかなり含まれております。

Bさんが用便中、Aさんと話しが盛り上がり・・・赤いダホンRoute アチコチいじっているらしい・・・話しが長くなりそうなんで、先を急ぐ。

竹藪の道を越えて、県道401瀬谷柏尾線を南下。この辺りから折り返しとなる。お昼時なんでお店に入ろう。今日は目論見のお店がある。以前にあじこぼさんとご一緒したじゃ〜じゃ〜麺のお店だ。あの時はあじさんが12㌅のワンピク!あたしはカーブSL16㌅だった。昨年の6月のことである。

さてさてお目当てのじゃ〜じゃ〜麺!よお〜くまぜまぜして美味しくいただいた。ご馳走様でありんす。店の裏から直ぐに和泉川に出ることができる。

変化に富んだ河川の道。若干荒れ気味なんで、チューブラーを労わりながら楽しむことにする。但し、あたしが履いてるのは300㌘越えなんで、下手な700C WOよりはパンクに強い。多少の砂利道程度なら平気のへっちゃらである。

途中途中で対岸に渡ったり、写真撮ったりしながらがこれまた楽しい。穏やかぁ〜な風景だが、アチコチに遊水池がある。時として暴れ川になるんだろ。

赤坂橋交差点で環状4号線と交わる。このまんま和泉川に沿って漕げは境川遊水池に出て、午前中遡上した境川サイクリングロードに交わる。道としてはそっちの方が面白いが、来た道帰るのも芸がない。試行錯誤?の末、そのまんま環状4号線に乗っかることにする。

この道に乗っかると、左ウインカー1回出せばあたしんチに到着出来る。そんな便利な道ではある。が、コレがまたクソ面白くない道なんだ。だからいつもわき道を選ぶが、本日はちょろっとおつかれ気味である。よってひたすらに真っ直ぐ漕いで、15時ちょろっと前に帰り着いた。

当然ビールを買って帰り着いた。最近思うこと。今日は70㌔くらいの行程であったが、ロードレーサーだと結構しんどいのだ。心拍はまだまだ平気だが、いかんせん脚がヤバい。

地元金沢区は天然の要塞。鎌倉と似ており、どの方向から入るにもトンネルを潜る。よって区境は全て峠である。その最後の峠がキツかった。ロードだと軽いんで、前半に頑張っちゃうみたい。だから後半足にくる(><)

あたしにはやっぱ太いタイヤが性に合うみたいだ。Nortonチューブラーも40歳になった。そう言えば最近乗らなくなったなぁ〜と思う今日この頃である。

IMG_3625
↑いきなりの黒ラベル

IMG_3584
↑往く夏を惜しむ人たち

IMG_3586
↑由比ヶ浜&Nortonチューブラー

IMG_3589
↑七里ヶ浜&江の島!富士山は見えん!

IMG_3590
↑稲村ヶ崎のレストランメイン

IMG_3592
↑稲村ヶ崎

IMG_3593
↑ギョサン

FullSizeRender
↑竜口寺の交差点

IMG_3594
↑江の電最中のお店

IMG_3598
↑境川下流

IMG_3599
↑境川遊水池

IMG_3600
↑サイクリストいっぱい

IMG_3601
↑境川サイクリングロード

IMG_3602
↑もう直ぐ稲刈り

IMG_3603
↑境川

IMG_3604
↑相鉄本線を走るJRのE233系電車

IMG_3605
↑じゃ〜じゃ〜麺 まぜまぜ後

IMG_3606
↑和泉川

IMG_3608
↑秋の気配

IMG_3609
↑沈下橋が沢山ある

IMG_3610
↑メガネ橋

IMG_3611
↑タイヤは太い方が楽しげ!

IMG_3612
↑落ち葉の下は地道だ。

IMG_3613
↑綺麗な草花

IMG_3614
↑調子に乗ってたらどん突きになった。

IMG_3615
↑サギ

IMG_3616
↑長閑やね

IMG_3618
↑相鉄いづみの線いづみ中央駅

IMG_3617
↑駅前でガリガリくん!マンゴー味

IMG_3619
↑横浜環状南線の工事

IMG_3622

↑ほんとに必要なのか?

IMG_3621
↑こぶたやまバス停

IMG_3624
↑金沢、鎌倉、原宿・・ココは何処?

IMG_3625
↑てなわけで黒ラベル!


猛暑のカマクラでおやぢ遊ぶ!

先週に引き続き、またまた海沿いの路を選んだ。カマクラの海は、海水浴客が楽しそうに過ごしている。が、先週の観音崎に比べると、そんなに混雑してる感じではない。

今日はほぼ0㍍から、ゲキ坂一気登りもあるので、ワイドレシオの機材が使い勝手良さ気だ。そうなるとBianchi 26HEパスハン!タイヤに空気を入れて、チェーンOILを挿して漕ぎ出したのは9時半過ぎだ。

池子経由で逗子、小坪トンネルを抜けると鎌倉大町に出る。滑川(なめりがわ)交差点で由比ヶ浜に出た。海を見ながら、稲村ヶ崎のどん突きまでは歩道を通らせてもらう。猛暑と書いたが、死ぬほどではない。

稲村ヶ崎の草っ原に寝転ぶ。この場所、空気の澄んだ冬場だと、富士山と江の島がダブルで臨めるサイコーのロケーションだ。が、きょう富士山は見えない。134号線挟んだ反対側のレストラン MAIN! 随分と昔からあるが、アレッ!お店やってる? 昭和の頃に一時期常連だった。30年以上ご無沙汰だなぁ。

滑川交差点から海岸線を漕いできたが、これから内陸に入る。サーフショップの先を右折して直ぐのところ。あたしの好きな場所だ。Bianchi君を駐めてiPhoneを構えていたら、ヒップホップ🎵というのか?ガンガンにかけた屋根無しのドイツ製が近寄って来た。そしてあたしの脇でUターンしようとしている。乗っているのは若めのカップル。今日辺りはオープンカーだと暑いだろうなぁ〜 二、三回の切り返しのあと、ヒップホップ🎵ガンガン が去ると静かになった。

極楽寺駅到着。昼に来るのは久しぶり?ここ数年はナイトランでの訪問が多かった。写真撮っていると、再びの大音響!とともにバイクの集団が坂を下ってきた。いわゆる暴走族!20台くらいいただろうか?いちばん最後に郵便屋さんが続く。なんとも迷惑そう。

極楽寺駅から、この先笛田にぬける予定。古い住宅地の中をぐいぐいと登っていく。が、どうも様子が変だ。明らかに道を間違えた。まぁ行けるとこまで行っちめぇ〜 てなわけで、長谷配水池広場でどん突きとなった。県道32号大仏隧道の近くのようだ。藪漕ぎしながら降りようか?とも思ったが、素直に引き返すことにする。

稲村ヶ崎小学校の辺りまで戻った。一旦地図を確認して、再びののぼり坂。それにしてもキツい登りだ。秘密兵器は24×28のローギア!そして登り切ったところに打越隧道があった。隧道内からは冷た〜い風が吹いている。気持ちいいぜ!

ピザ屋のバイクに追われながら、笛田方面に一気に下る。県道藤沢鎌倉線に並行したフラットな路!暫く漕いでから左折。住宅地の間を再び登る。

この辺り、標高こそたいしたことないが、兎に角坂が急峻だ。40×21をローギアに持つNortonチューブラーなんぞはとても持ち込めない。

笛田公園に着いた。ココからは夫婦池公園にワープするつもりも、残念ながらぢ転車侵入禁止だぁ!一瞬萎えたが、気を取り戻し更に登る。途中の畑では大量のSuicaが腐っていた。

やっと登ったと思ったのも束の間!ゲキ坂を今度は一気に降り夫婦池に着艦!トイレやら、ベンチやらのあるエリアはぢ転車侵入禁止!池の脇の日陰は思いのほか涼しいので、ココで羊羹タイムをとった。

羊羹食った後は、湘南深沢まで更に降る。湘南モノレールの下を掠めるようにして、今度は県道藤沢鎌倉線を鎌倉方面に漕ぐ。
八雲神社前をY字に左折。市役所通りに入り、長谷隧道、新佐助隧道を抜ける。鎌倉税務署の手前を左折、更に左折すると佐助稲荷神社の赤い鳥居が見えてきた。

よーく考えたら、あたし初めて来たかもしれない。至るところにお狐さまがおられる。お参りを済ませ社務所に立ち寄った。神職の方によると、2019年の台風で大きな被害があったそうだ。その際に拝殿と社務所は建替えられたが、本殿は失われたままとのこと。拝殿にお参りした際、ヒノキのいい香りがした。得した気分だ。

この後は源氏山公園に向かう。再びのゲキ坂!その途中にあるのが銭洗弁財天さん。隧道の手前にBianchi君を括り付けてお参り。コチラは何度も来てるが、素通りは出来まい。お参りセット(銭洗いのザル、線香、ろうそく)を200円で受ける。財布の中のお札と硬貨をザルにあけてシャカシャカと洗う。「増えますように、増えますように」だ。お参りの後はベンチに座ってラムネを愉しむ。

Bianchi君を回収して再び登る。ゲキ坂の途中からの乗車はキツいぞー  ヒーコラ言いながら源氏山公園到着。化粧坂(けわいざか)切通しは上から見るだけ。大河で話題の鎌倉殿!頼朝公にお目通りする。その頼朝公の脇で再びの羊羹タイム!誰もいない。この猛暑のなか、ふつう来ないよなぁ〜

葛原岡神社は縁結びの神様だ。ハート型の絵馬がたくさん掛かっている。おやぢにはあんまり似合わない?良縁がありますように(^^) 

お参りの後は北鎌倉駅まで一気に降った。駅脇の第一踏切で横須賀駅を渡り、台亀井隧道を抜ける。と、この辺りで腹が減った。何となく頭のなかはトンカツ!てなわけで、大船駅近かのトンカツ屋さんにピットイン!ロースカツ定食890円税込を満喫した。支払いは現金のみ!との事なんで、湿気った千円札を出す。「銭洗弁財天で洗ってきたんです。ご利益ありますよ」と言いつつもすまぬすまぬである(^^)

ご飯食べたあとは、いたち川のプロムナードを流して、相武隧道越えて帰宅。言うまでもなく、途中のスーパーでビールとSuicaを買って帰った。

IMG_3447
↑由比ヶ浜から材木座海岸方面

IMG_3448
↑案外とひとすくなめ

IMG_3449
↑波が砂浜奥まで浸す

IMG_3450
↑白波

IMG_3451
↑稲村ヶ崎の海岸線。鎌倉幕府滅亡の際、この岩場から攻め入られたそうな。

IMG_3452
↑置いてきぼりのギョサン

IMG_3453
↑カメラを引いて!稲村ヶ崎の岩場。歩道はココでどん突きだ。

IMG_3454
↑さっきのギョサンの持ち主は、岩場で潜水中だった。

IMG_3455
↑江の島は見えるが、富士山は見えない。

IMG_3458
↑海岸線の134号線から一歩入ったところ。今しがたまでヒップホップガンガン!再び海岸線に戻って行った。

IMG_3467
↑江ノ電極楽寺駅!今しがたまで大音響とともに暴走族が!

IMG_3468
↑極楽寺駅脇の橋のから、鎌倉方面。

IMG_3469
↑笛田方面に向かう。

IMG_3470

↑まだ極楽寺

IMG_3471
↑超ゲキ坂!この辺りで道を間違えたと実感した。まぁイイさ!どん突きまで行っちめぇ〜

IMG_3472
↑そのどん突きから、来た道をのぞむ。

IMG_3473
↑登り戻して打越隧道到着。

IMG_3474
↑中はクルマ一台分くらい

IMG_3475
↑笛田側

IMG_3476
↑振り返ったところ

IMG_3477
↑笛田へはゲキ坂降り

IMG_3478
↑笛田公園への登り坂でパチリ

IMG_3479
↑Suicaが腐ってる。勿体ねー

IMG_3480
↑夫婦池上池

IMG_3481
↑同下池

IMG_3482
↑下池脇の木陰で羊羹タイム

IMG_3483
↑佐助稲荷神社

IMG_3484
↑お狐さんに迎えられる。

IMG_3486
↑千本鳥居

IMG_3488
↑上から

IMG_3489
↑ヒノキの香りがする拝殿

IMG_3490
↑銭洗弁財天さん 鳥居の先には

IMG_3491
↑こんな隧道がある。

IMG_3492
↑銭洗ったあとはラムネで寛ぐ。180円税込瓶代込

IMG_3493
↑この先化粧坂

IMG_3494
↑頼朝公

IMG_3495
↑葛原岡神社を背に

IMG_3496
↑お参りしてからの戻り

IMG_3497
↑ちっちゃこいぢどうしゃ

IMG_3498
↑北鎌倉駅脇の路地〜 右手はホームだ。

IMG_3499
↑北鎌倉駅構内

IMG_3500
↑踏切の上から撮ったもの。決して軌道内侵入ではない。

IMG_3501
↑台亀井隧道

IMG_3502
↑お昼はロースカツ定食!カツ、エビフライ、かぼちゃ天がつく。飛鳥ってチェーン店らしい。ご飯、味噌汁、キャベツはおかわりできるよ。

IMG_3504
↑いたち川のプロムナード

IMG_3506
↑あとは相武隧道越えて帰るだけ。頭の中はビールとSuicaでいっぱいだ(^^)


https://strava.app.link/9DAagEct9rb
ギャラリー
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • 休日街探!
  • ライブドアブログ