徒然なるままにd(^_^o)

映画を見ていたら・・・発見したぞー


IMG_0199
IMG_0198

IMG_0197


IMG_0196
↑メインテーマという邦画をご存知か?いまはおばちゃんになってしまったが、あの薬師丸ひろ子主演の青春映画だ!共演は野村宏伸、財津和夫、桃井かおり、太田裕美、戸川純、渡辺真知子・・・青春映画ってなんか言い方がくすぐったいやねー この映画の中にフロントサイドのサイクリストが登場するんや。エキストラかなぁ?
IMG_9916

IMG_9917

IMG_9918

IMG_9919

IMG_9920
↑野村宏伸が扮する大東島健が故郷沖縄に帰ってきて、旧友と再開する場面だ。おわかりだと思うが、ダットラの脇をふたりのサイクリスト!間違いなくフロントサイド付けてる。


IMG_9921

IMG_9922
↑そしてコチラ!大東島健を追いかけて那覇空港に降り立った小笠原しぶき(薬師丸ひろ子) 
姉の千歳しずく(太田裕美)を頼ってタクシー移動中の車窓からの場面だ。多分同じサイクリスト?サイドバックは無いが、サイドキャリアは確認できる。

昭和の頃はこんなんが結構あったんだなぁ

因みに以前にアップしたblogをリンクしときます。ご興味あるようでしたらご覧ください(^^)

http://mutuurakko1173.livedoor.blog/archives/245237.html
↑鳥越マリ!輪行する。

http://mutuurakko1173.livedoor.blog/archives/245059.html
↑北の国から今は亡き五郎さん!

京急新1000形20次車

を見てきた。というか、たまたま見かけた。土曜日に糀谷のお客さんところに行っての帰り。大崎の会社に戻る途中に品川で乗り換え。トラロープで制限されていたが、全体像はこんな感じだ。あたしはいわゆる鉄ちゃんではないが、時々にわか鉄ちゃんになる。

IMG_9782

IMG_9784
↑行き先表示にはKEIKYUの文字とけいきゅんが踊る。

IMG_9785
↑ロングシートとクロスシートに転換できるそうな。この時はロングシートの状態になっていた←わかりにくいか? シートバックに高さがあるんで窓に被る。

IMG_9786
↑それ以外にもコの字型アレンジも可能だとか。キャンピング車みたいだ。

IMG_9787
↑トイレも付いているそうだ。トイレの部分は窓がないとの情報を後で知った。

IMG_9788
↑うーん!それらしき画像は撮れてないなぁ〜 


IMG_9783
↑4月15日報道陣に公開されたばかり、デビューは5月6日だ。待ち遠しい(^^)


IMG_9571
↑ちょろっと前の写真!今年のサクラはあっという間に終わった。日の出町駅近 長者橋から大岡川上流方面を臨む。

アサヒ スーパードライ 生ジョッキ缶!

を飲んでみたんさ。4月6日発売なんで一日遅れ!  昼間は暖かかったが、陽が落ちてからはコートが欲しいかなぁ(^^) ビールより熱燗が飲みたい気分だったが、取り急ぎ350缶を1本買って飲んでみた。
IMG_9622
↑みた感じは普通の缶ビール! プルタブがちょろっと大きいように見える。

IMG_9623
↑早速開けてみた。あらあらあら!写真機を構えていたら、泡ちゃんがみるみる溢れてきた。この後コチラからお迎えに行く。クリーミーな泡のせいか、のど越しも悪くない。

IMG_9624
↑落ち着いたところ。ご覧の通り缶の上側がパッカ〜んと全開してジョッキ気分が味わえるわけだ。記憶が正しければ、上側パッカ〜んは以前にもあったよな〜 30年以上前だ。あたしは好きだったが、流行んなかった。当時は発泡酒も第三のビールもなかったが、大容量の樽のビールがあった。注ぐ時「ピヨピヨピヨ・・・」なんて音がしたりして。

IMG_20210407_222744
↑こんな記載もある。今度試してみるか(^^) あたしは家で缶ビールを飲む時は、基本グラスに注いで飲む派だ。ドボドボと注いで、泡が治ったら継ぎ足し。黄金比になったらグビッとやる。そうすると美味いような気がする。

IMG_20210407_222815
↑350かとおもってたら、340缶だった!

IMG_20210407_222955
↑340では飲み足りず、日本酒🍶を少々(^^) ぬる燗にしてみた。ビールで冷えた身体に滲みるぜ〜 因みにこのお猪口は去年、つくば稲葉酒造で買ってきたヤツだ。本日は以上です。

オンライン呑み会

なるものを初めて体験した。あたしの勤務先は毎年3月15日が年度締めだ。いわゆる「サンイチゴ」そして翌3月16日は年度初めとなる。毎年この日は支社全員で集まっての「締めMTG」を行うのが恒例行事だった。しかしながら昨年はコロナのため中止!緊急事態宣言下、今年も中止か?と思ったら何とオンラインでやるという。二部構成で第一部は13〜15時会議!第二部は18〜20時の飲み会だ。

IMG_9542
↑てなわけで今日は完全なる在宅勤務!午前中に会社が用意してくれたブツが届いた。

IMG_9543
↑ハコを開けてみると、アテになりそうなものがいっぱい出てきたぞ!

IMG_9544
↑左上からアラカルト、下がピンチョス、笹に包まれた握り、そして350缶×3本だ。

IMG_9545
↑メニューの表紙には「オンライン呑み会のポイント」が書かれている。参考になるなぁ

IMG_9546
↑神田明神下!と言えば銭形平次!チャンチャラッララ〜🎵・・・あのイントロが聞こえてきそう! 



そして無事にオンライン呑み会は終了した。抽選会で茅乃舎の出汁!が当たったぞい(^^) 人生初のオンライン呑み会!なかなか面白かった!そいでもって20時には閉店。飲み足りなかったんで、いいちこをお湯割りにする。

IMG_9532
↑翌日は普通に出勤だ!先日、勤務先近山手通りを歩いていたら、立木にこんな張り紙があった。

IMG_9533
↑リニア中央新幹線はまさにこの地下を走るようだ。因みにこの写真の背後には、山の手線、横須賀線、そして東海道新幹線の高架がある。

IMG_9525
↑ちょろっと野島公園へ

IMG_9538
↑金沢八景駅ホームからの眺め 先週かな

IMG_9539
↑葺かれてるのは茅葺き屋根だ!最近あまり見ないレアな風景。完成が楽しみ(^^)

IMG_20210316_213538

IMG_9548
↑DD51のチョロQを買った。旧国鉄185系が3月13日引退で騒がれたが、実は同日にこのDD51もひっそりと?引退している。らしい!

IMG_9560
↑茅葺き屋根!今朝の様子。屋根の樽木が隠れたね。今日も暖かい!コートなしで大丈夫!

ALCYONE SVXとの遭遇!

今回のレポート!ぢ転車とは全く関係ない独り言のような内容なんで、興味のない方はぶっ飛ばしてください。でも、あたしの独り言にお付き合いいただけるかたが、おひとりでもおられると嬉しいです(^^;; ね〜

IMG_8159
↑筑波山が見える。この写真を撮ったのは昨年の11月1日!みんなで筑波山をやっつけたあの日の朝だ。あの日も良いお天気だった。前泊したホテルを出て、僅か5分のところであたしが食いついたもの! それは(^^)

FullSizeRender
↑スバル アルシオーネ SVX!! やややや!スゲェスゲェ!思わず漕ぐのをやめて撮ってしまた!水平対向6気筒 3300ccエンジン搭載!240馬力 フルタイム4WD あの「走る二等辺三角形」と呼ばれたアルシオーネの後継車だ。因みにSVXとはSubaru Vehicle Xの略 

FullSizeRender
↑修理工場の中に駐車してあったぞ! 91年から97年まで製造された !キャッチコピーは「遠くへ、美しく」「500miles a day」スバルが提唱するグランツーリスモのカタチだ。製造終了から既に四半世紀近くだが、全く色褪せない!ただ、発売当初から富士重のブランド力の弱さ、バブル崩壊が重なって販売台数は振るわず、国内では7年間で6000台弱に留まった。なかなかレアな車両である。

FullSizeRender
↑しかしながら「技術のスバル」ココに来て静かな人気のようだ。程度のよい個体は、新車価格の倍!800万円くらいで取引されているそうな。

IMG_8163
↑全面三次元ラウンドキャノピー 空力性能(Cd値=0.29)は先代アルシオーネを引き継いでいる。飛行機屋の真髄だな。この色は先代アルシオーネにもあった。そう言えばあたしが以前乗ってた初代レガシィもこの色だったなぁ!いやぁ〜イイもの見せてもらったね〜 極楽極楽!得した気分だ。

IMG_8164
↑るんるん🎵 ぢ転車に戻ってカメラを仕舞う。モーニングバイキング食い過ぎて、お腹ぽんぽこりん(^^) 風は若干向かっている。取り敢えず正面に見える筑波山に向かって行けば大丈夫だ。地図を確認して、さぁ行くぞ!と漕ぎ出そうとした時!ふと脇の駐車場を見たら!

IMG_8165
↑わお〜!再びのアルシオーネSVXだ!

IMG_8166
↑同じ色だがコチラはナンバープレートが付いていない。不動車なのか?

IMG_8167
↑こっちもカッキィな〜 ボディー綺麗だし。

IMG_8168
↑中も覗かせてもらった。うんうんこんな感じだった(^^) 2台のSVX! 美味しゅういただきました。アルシオーネ!実はあたしの大好きなクルマだ。先代のアルちゃんは本気で買おうかと迷ったことがある。

IMG_20210110_232750
↑当時←25歳頃、あたしはこんなクルマに乗っていた。富士重 レオーネ 初代ツーリングワゴン だ。水平対向4気筒 1800ccエンジン搭載 85馬力 パートタイム4WD 4MT×2 副変速機付き8段変速  就職してすぐに中古で買った昭和58年型!3年落ちで93万円だった。と思う。このクルマにはあちこち連れて行ってもらった。結構雑に扱ったが、特にトラブルもなくよく走ってくれた。馬力は無かったが、雪道やら荒地は得意だった。しかしながら頃はバブル最盛期!他にもれずあたしの懐具合も悪くない!ならば新車が欲しい!となるわけだ。

IMG_9158
↑てなわけで販売店でもらってきたカタログがいまも残っている。あたし的には二代目ツーリングワゴン!に、ほぼ決めていた。が、ちょろっと試乗したアルちゃん!に一目惚れしてしまったわけだ。

IMG_20210110_221712

IMG_20210110_222944

IMG_20210110_223057
↑アルシオーネVX 水平対向6気筒 2700ccエンジン搭載!フルタイム4WD 150馬力!カッキー当に走る二等辺三角形!このくさび形がたまらん!さすが6気筒!走りもしなやかだった。コレに乗りたい。思わず判を押しかけたが・・・ATしかなかった。1800ccのVRには5MTがあったのだが、ちょろっと違う。それによーく考えたら、ライフスタイルに合わない。当時のあたしは仲間とスキーに行ったり、一人キャンプバリバリ車中泊でレオーネを使い倒していたのだ。

IMG_9163

IMG_20210110_225019

↑「ならばこんなんもありますよ」と、販売店の人が紹介してくれたのがレオーネRX/Ⅱ  水平対向4気筒ターボ 1800ccエンジン搭載 120馬力 フルタイム4WD 5MT×2 いわゆるラリーカーだ。インプレッサWRXのご先祖さま。コレも良かったね〜 クーペモデルだが、ハッチバックなんでラゲッジスペースが広かった。5MTに副変速機が付いた10段変速!ただ、車中泊は無理かなぁ(>_<)

IMG_9159


IMG_9160
↑で、結局は新型レオーネ・ツーリングワゴンに落ち着いた。セカンドグレートのST/Ⅱ 5MT 色はガンメタ!ネットで85馬力しかなかったが、特に不満はなかった。このクルマもあちこち連れて行ってくれたね〜 レガシィ前夜!富士重はこの頃最大の経営危機を迎えていた。当にその頃のお話しでした。あたしはこのレオーネのあと、レガシィを何台か乗り継ぐが、運転は段々と楽になってきた。馬力も200を超えた。街でレオーネやらアルシオーネを見かけることはほぼなくなったが、なんかなぁ〜 あの頃の碧い気持ちが懐かしいなぁ〜と思う今日この頃(^^;)
ギャラリー
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ぶらっと追浜!
  • ライブドアブログ